『ピーターラビットの絵本』(福音館書店)

先日ななちと映画『ピーターラビット』を見に行った。前に予告を見た時「これがピーターラビット??」とぎょっとしたのだが、ななちは面白そう!と興味津々で、公開したら行きたいとせがまれていたのだ。

映画では「たいへんないたずらっこ」のピーターは、「かなりのワル」に成長し、マクレガーおじいさんの甥っ子と壮絶なバトルを繰り広げていた。「今のピーターの『やったか?』のセリフは、明らかに『殺ったか?』だったよね?」と思うくらい、本気でマクレガー氏を倒しにいっていた。

基本的に『ホームアローン』のようなドタバタコメディーだが、ちょっぴりハートフルな要素もあったりする、実にハリウッドらしいピーターラビットだった。個人的にはCGだということを忘れてしまいそうになる、表情豊かで躍動感のある動物たちがとても印象的だった。

そんな訳で久しぶりの絵本紹介はビアトリクス・ポター作の『ピーターラビットの絵本』

この絵本の魅力は何と言ってもピーター達をはじめとする動物達の挿絵の美しさであろう。ピーターやその家族達は、洋服を着て買い物に行くなど擬人化されて描かれているにも関わらず、体の構造や毛の質感などはとても写実的でうさぎそのものだ。全くデフォルメせず、自然に擬人化しているという点が、ビアトリクス・ポターの絵の魅力だと思う。

ピータラビットの絵本は全24巻。第1集1巻目がピーターラビットのおはなし、2巻は映画にもピーターラビットの良き相棒として登場したいとこのベンジャミンバニーのおはなし、3巻目はピーターの妹フロプシーの子供達のおはなしが収録されている。

いずれのお話も、ピーター達がマクレガーさんに捕まりそうになりながらもなんとか逃げ出してくる、というストーリーであるが、1,2巻と3巻とではエンディングが異なっていることに気がついた。

ピーター達がマクレガーさんの畑の野菜を盗んで食べた1,2巻は、お腹を壊したり、お父さんにお尻を叩かれたりと、いずれもうさぎ達が罰を受ける結末になっている。しかし、ゴミ捨て場にあったレタスを食べていた子うさぎをマクレガーさんが捕まえた3巻は、うさぎ達に出し抜かれマクレガーさんが痛い目をみるという結末になっている。つまり、相手の生活領域を侵した方が罰を受ける、という形になっているのだ。

身近なところに野生のうさぎが生息していない日本では、うさぎは可愛いペットというイメージだが、イギリスの田園地帯ではうさぎは身近な野生動物だ。19世紀から20世紀にかけては、社会問題になるほどうさぎが増えすぎ、畑を荒らす害獣として駆除政策がとられていたらしい。

そんな時代に作られたピーターラビット。ビクトリアス・ポターはうさぎを愛らしく擬人化した作品に、お互いの生活領域を侵さず、共存していこうというメッセージを込めたのではないだろうか。

『こぐまちゃん おはよう』(こぐま社)



年末に友人に会った時にプレゼントした絵本。絵本を手渡すと、パンパースのコマーシャルに出てきそうなクリクリした目の可愛い坊やは素晴らしい発音で「Present!」と言い、笑顔で受け取ってくれた。『だるまさんが』の絵本と迷ったが、海外に住んでいるのでだるまは馴染みがないかなあと思い、こぐまちゃんにした。二歳ごろ、ななちも大好きで毎日のように読んでいた。

主人公のこぐまちゃんはその坊やより少しお兄ちゃん、おそらく3歳前後の設定だろう。少しずつ自分の見に周りのことができるようになってきて、色んな事を自分で考えてやってみたくなる年頃だ。

この絵本には、朝起きたら顔を洗い、歯を磨く、朝ごはんはしっかり食べる、トイレでウンチをし、お風呂に入り、夜は眠る、といった毎日の基本的な生活習慣が描かれている。また、お母さんがごはんを作ってくれるように金魚にエサをあげたり、ぬいぐるみ達を引き連れて遊んだり、抱っこしてあげたりという、人のお世話をしようとするお兄ちゃん的なこぐまちゃんの姿も見ていて微笑ましい。

2歳から3歳にかけてのこの時期は、歯磨き、排泄、着替え等基本的な生活習慣を身につけて行く時期であるのだが、だんだんと自我が強くなり、子供が自分の「したいこと」を強く主張するようになる時期でもある。いわゆる第一次反抗期であり俗に「イヤイヤ期」とも呼ばれているものだ。子供の「したいこと」を受け入れつつ、「しなければいけないこと」や「してはいけないこと」も教えていかなければならないので、子育ての中における最初の難関とも言えるだろう。

そんな微妙な時期だからこそ、大切な生活習慣は、親や兄弟など周りの年長者が率先して見本を見せることによって自然な形で身につけさせていきたい。自分の事は自分でやり、お世話も頑張るこぐまちゃんの姿は、子供たちの目には真似したくなるお兄ちゃんとして映るに違いない。

『うたって、ペネロペ』(岩波書店)



ななちが大好きだったペネロペシリーズ。一番最初に買ったのがこの絵本だった。丸くて青い顔の真ん中に赤い鼻…と書くと日本人なら某ネコ型ロボットを思い浮かべてしまいそうだが、ペネロペはコアラの女の子である。ななちが2歳の頃、NHKのEテレでペネロペのアニメ放映が始まり、毎日のように見ていた。『ガスパールとリサ』と同じ作者だと知って、それなら絵本も買ってみよう…と思って買ったのがこの『うたって、ペネロペ』である。その頃のななちはまだ字が読めなかったのだが、ちょうどアニメ化された話だったので、一人でもアニメのセリフを真似しながら読んでいた。

正式なタイトルは”Pénélope tête en l’air”、つまりうっかり屋さんのペネロペの物語である。ペネロペのモデルは、作者であるゲオルグ・ハレンスレーベンとアン・グットマン夫妻の娘であるそうだ。だからこそ、ペネロペは生き生きとしていて、等身大な三歳児なのだろう。

幼稚園で習ってきた歌をパパとママに聞かせるペネロペ。でもうっかり屋さんなので、時々歌詞を間違えてしまう。うさぎとゾウを間違えたり、ちょうちょとラクダを間違えたり…若干「うっかり」の域を超えている気がしなくもないが、油絵で描かれた温かくユニークな絵をみると、それもアリかもという気持ちになる。

出会った時はずっとお姉ちゃんだったペネロペ。ペネロペの絵本やアニメを通して、ななちはいろんなことを学んだ。今ではななちの方がすっかりお姉ちゃんになってしまったが、今までもペネロペのことは大好きなようだ。この秋から第三シリーズが始まったらしい。なんと一人っ子だったペネロペが、双子のお姉ちゃんになるのだとか。どんなお姉ちゃんになっているのか楽しみである。

Pénélope tête en l’air

『アンパンマンのサンタクロース』(フレーベル館)


ちびっ子達のヒーロー「アンパンマン」の作者やなせたかしさんが13日、心不全で亡くなられた。94歳だった。

やなせたかしさんの「アンパンマン」がヒットし、有名なったのは60歳を過ぎてからだったという。昭和48年にスタートした絵本「アンパンマン」のシリーズは、今年で40周年、これまでに350の本が出版された。普通ならリタイアを考え始める時期からの大ヒット、94歳という高齢になっても、直前まで現役で仕事をされていたことは本当にすごいと思う。

私の記憶に残っているアンパンマンの絵本は、比較的初期のものだ。アンパンマンが怪我をしたサンタクロースに代わり、プレゼントを配るというお話だ。この絵本のアンパンマンは、調子にのって失敗したりとなんとなく人間臭く、テレビアニメとはまた違った味わいがある。そこが面白く繰り返し読んだ。

ななちが生まれてから、家では特にアンパンマンのテレビを見せたりはしなかったのだが(ストーリーが絵本のイメージと異なり少し苦手であったのだ。)いつの間にかななちは街でアンパンマンを見つけるたびに「あんぱんまん!」と言うようになっていた。テレビのCMや育児用品のイラストでいつの間にか覚えてしまったのである。子供を惹きつける不思議な魅力があるのだなあと驚いた。「我が家にアンパンマングッツは導入しない!」と言っていた夫も、ななちのおねだり攻撃に負け、誰よりも先にアンパンマンのおもちゃを買ってきた。その後なし崩し的にアンパンマングッツは増え、アンパンマンミュージアムにも二回ほど行った。大喜びで巨大なアンパンマンボールで遊ぶななちの姿を見て、昔の絵本とは違っても、これもやっぱり子供達のヒーロー、アンパンマンなのだなあと思った。

やなせたかしさんが亡くなられても、これからもアンパンマンは子供達のヒーローとして生き続けて行くことだろう。やなせたかしさんが築いた世界観を崩すことなく、サザエさんやドラえもんのようにいい形で引き継がれて続いて行って欲しい。

子供達にたくさんの夢を与えてくれたやなせたかしさん、ありがとうございました。
ご冥福をお祈りいたいます。

『ノンタンのたんじょうび』(偕成社)



子供の時によく読んでいたノンタンシリーズのお誕生日絵本。店頭で見かけて懐かしくなり、ななちの3歳の誕生日に買ってあげた。

今日は仲良しの友達がいつになくよそよそしい。何をしているの?と尋ねても「ないしょ、ないしょ。」と教えてくれない。好奇心旺盛なノンタンはこっそり皆いる家の中をのぞこうとするが、見つかって追い出されてしまう。仲間外れにするならもう遊ばないと悪態をついたものの、本当は寂しくてたまらないノンタン。「つまんないの…。」丘の上に一人で膝を抱える姿が切ない。子供ながら「ノンタン、違うんだよ!」「あーもう、みんな早く教えてあげればいいのに…。」とジリジリした記憶がある。そして、ななちもやはり同じようにジリジリしていた。

友達が迎えに来て、家に帰るとそこには素敵なサプライズが。喜ぶノンタンを見てなんだかこちらまでホッとする。ストーリー的にはよくあるお誕生日サプライズ系のものだが、ノンタンの感情の変化に移入しやすい印象深い絵本である。

大人になって気がついたことだが、全ページに蜂さんが登場している。もしかしたら、ノンタンに寄り添う存在として描かれたものなのかもしれない。

『うさこちゃんのたんじょうび』(福音館書店)



こちらも比較的初期に購入したお誕生日絵本である。1歳ぐらいからななちが大好きだったうさこちゃんシリーズの「うさこちゃんのたんじょうび」。

うさこちゃんは早起きして、お気に入りの花柄のワンピースを着ておめかしをする。「きょうはあたしのうれしいひ」、つまりお誕生日だからである。椅子にはワンピースと同じ花が飾られ、家族と友達みんながお祝いに来てくれた。うさこちゃんの宝物として度々登場するくまのぬいぐるみも、この日おじいさんとおばあさんからもらったものだ。お話の最後、寝る前にお母さんにちゃんとお祝いしてくれたことを感謝するうさこちゃんがとても微笑ましい。

子供にお誕生日は皆にとって特別な大切な日である、ということを伝えることのできる絵本だと思う。
ちなみに、うさこちゃんことミッフィーのお誕生日は1955年6月21日、今年で58歳になる。

『たんじょうび おめでとう』(こぐま社)



ななちの誕生日が近づいてきた。あれよあれよという間にななちは成長してしまい、気がつけばもうすぐ7歳。嬉しくもあり、少し寂しくもあり…。子供の成長は早いものだ。

そんな訳で、今月はお誕生日絵本レビュー強化月間。

比較的初期に購入したお誕生日絵本が、こぐまちゃんシリーズの「たんじょうび おめでとう」だ。タイトル通り、こぐまちゃんがお誕生日を迎えるお話だ。3歳になったこぐまちゃん、お兄ちゃんになったという自覚が芽生えたのか、朝は一人で起きて、歯磨きをする。服も着替えて「ぼく なんでも できるよ」と得意げだが、ボタンだけはまだかけられず、お母さんにかけてもらうところがかわいらしい。こぼしながらでも自分で食べて、お皿もお片づけ。三輪車に乗って公園にだっていけてしまう。誕生日がきたのだから、高い鉄棒だっできるかな…と挑戦し、「どすん」と落っこちて悔しがるこぐまちゃんに思わずくすりと笑ってしまう。お誕生日がきたから途端にお兄ちゃん、お姉ちゃんぶって背伸びするのは、子供によくあることである。とても微笑ましい姿だ。

お家に帰ると、お母さんがケーキを作ってくれ、お父さんからは大きなプレゼントをもらう。火のともった三本のろうそくの前に立つこぐまちゃんがなんとなく誇らしげに見える。最後のページを開くと、たくさんのプレゼントが描かれている。クレヨンや、電車のおもちゃ、ダルマ落とし…。中にはお化けや卵の殻など「なんで?」と突っ込みたくなるものも混ざっていて、ななちは「こんなのもあるよ〜。」と指をさしては笑っていた。

いつの間にか、こぐまちゃんよりすっかり大きなお姉ちゃんになったななち。もちろん着替えも、歯磨きも、後片付けもできる。自転車にも乗れるし、鉄棒だって得意だ。ただ、一点…こぐまちゃんにかなわないのは、朝一人で起きられないことだ。夫に似て熟睡タイプなのか、目覚ましがどんなに鳴っても自分で起きてこない。土日は無駄に早起き(6時から一人で起きている。)なのに。不思議だ。

『こぐまちゃんのどろあそび』(こぐま社)



水遊びと並んで子供達が大好きなのが水遊びである。小学校に入り、だいぶ落ち着いてきたが、幼稚園時代のななちは毎日のように園庭の砂場で泥遊びをしていた。入園当初はうまく丸められなかった泥団子が、日々の鍛錬のおかげで、卒園する頃には、カチカチでまん丸の団子が作れるようになった。

こぐまちゃんも泥遊びが大好きである。おかあさんから買ってもらったスッコップで穴を掘り、泥だんご作りを始めたこぐまちゃん。丸めたお団子をきれいに並べてご満悦で遊んでいると、しろくまちゃんがやってきて、並べたお団子を、楽しそうにぴょんぴょん跳ねながら潰していく。怒ったこぐまちゃんはしろくまちゃんに飛びかかり突き飛ばしてしまう。悪気はなかったとはいえお団子を潰してしまったことを素直に謝るしろくまちゃんに、突き飛ばしたことを素直に謝るこぐまちゃん。二人は仲直りして一緒に遊び始める。

なんてことはないお話のように感じられるが、最近はこうした子供同士の喧嘩や自然な仲直りがなかなかできなくなっているなあと感じることがある。原因は親の過干渉だ。まず喧嘩になる前に親が介入し、未然に防いでしまう。万が一喧嘩が起こった場合も、両方の親同士で謝り、子供はそれを真似してとりあえず「ごめんね」を言う。真似て言う「ごめんね」には、果たして気持ちは入っているのだろうか。

しろくまちゃんは、怒ったこぐまちゃんを見て、悪気がなかったとはいえ、自分がお団子を潰してしまったことがこぐまちゃんを傷つけたことを自分で理解し、謝った。また、こぐまちゃんは、しろくまちゃんには悪気はなかったことを理解し、怒りにまかせて突き飛ばしたことを悪いことだと理解し、謝った。どちらも一度相手の気持ちになって考え、反省しその上で「ごめんね」と言っている。これこそ気持ちの詰まった「ごめんね」だと思う。

親が謝ることが悪いわけではない。むしろ謝る姿勢を子供に示すことは大切だ。問題は、そこで終わりにしてしまうところにある。親が謝ったから、それでおしまいにするのではなく、相手の気持ちを思いやり、自分のどこに問題があったのかを子供自身に考えさせた上で、「ごめんね」を言わせることが大切なのではないだろうか。この絵本は私に、自然に心からの「ごめんね」が言えることの大切さを教えてくれた。

『こぐまちゃんのみずあそび』(こぐま社)



早いもので気がつけばもう7月だ。学校のプールも始まった。ななちは今から夏休みを心待ちにしている。
暑くなってくると楽しいのが水遊びだ。こぐまちゃんシリーズの「こぐまちゃんのみずあそび」には、そんな子供の心理が生き生きと描かれている。

最初はお花にお水をあげるお仕事をしていたこぐまちゃん。そのうち池の金魚や歩いているありさんにも「あついね おみずをあげよう」と水をかけ始める。すると、友達のしろくまちゃんがどこからかホースを持ち出してきて二人で盛大な水遊びが始まる。気がつけば二人とも泥だらけ…。「あらあらこんなになっちゃって…。」というおかあさんの声が聞こえてきそうな感じだ。最期のページはシャワーを浴びるこぐまちゃんで終わる。

最初やっていたことから脱線し、次々に新しいことを思いつき、そして最終的に大騒ぎになる…というパターンは子供によくあるパターンである。水があるなら尚更だ。親としてはほどほどにして欲しいという気持ちもあるが、夢中になっている子供達の姿は本当に楽しそうで微笑ましい。あとがきには「いたずらは、子どもが自分からやりたいと思ってやる」自主的な活動であり、「創造性の芽」であると書いてあった。確かにそうした面はあると思う。人に害悪を与えないいたずらは、時には許容して自由にやらせることも必要なのかもしれない。

『こぐまちゃんいたいいたい』(こぐま社)



ななちが大好きだったこぐまちゃんシリーズ。この絵本では、こぐまちゃんが色んな失敗をして「いたい いたい」を経験する様子を描いている。

山積みにした積み木を運ぼうとして足に落としたり、階段で遊んでいて上から落ちたり、お団子の串で口の中をつついてしまったり…どれも小さな子供がやってしまいがちな失敗ばかりである。親子で絵本を読みながら「積み木はきちんと箱にしまってから運ぼうね」とか「階段はゆっくり、手をついて下りたほうがいいよね」など、「いたい いたい」になった理由や、ならないためにはどうすれば良いかを語りかけながら読むと良いだろう。

子供は「危ないからダメ」と漠然と禁止するよりも、「落ちて怪我をするからこうしようね」と教える方が納得するし、しっかりと覚える。こぐまちゃんの「いたい いたい」により危険を擬似体験し、その理由を考えてこぐまちゃんに教えてあげるというプロセスの中で、子供は危険回避の方法を学ぶことができるのだと思う。