データ整理

3月はほぼ引きこもって過ごした。仕事柄、元々引きこもりみたいな生活をしているが、土日祝日もずっと家にいるということはあまりなかった。ゆっくり家にいることができるこの機会を有効に使おうと思い、1ヶ月かけてななちの10年アルバムの作成と、ノートに記録していた家計簿(10年分)の電子化作業をした。

ななちの10年アルバムは父の古希のお祝いの時にてプレゼントしようと思っていたのだが、その日を迎える前に父は逝ってしまった。それ以来、父の元気な頃の写真を見るのが辛くて写真の整理もアルバム作りもできなくなってしまい、放置状態だった。この春、母が古希を迎えたので今度こそ作ってプレゼントしようと奮起し、写真データの整理とアルバム作成を再開した。

ななちが生まれてから12年間の写真データはすごい量だったが、どの写真も懐かしく、愛おしかった。そして父や母を始め、祖母や弟家族、親戚、友達など本当に多くの人に愛され、支えられてきて今があるのだなと感謝の気持ちでいっぱいになった。

消しゴムと同じくらいの大きさしかなかったななちの足は、今では私の足よりも大きい。アイキャッチの写真は東京で暮らしていた頃、よく二人で散歩をした川沿いの道の写真だ。この先にある小さな道祖神に石をお供えするのが日課だった。あの小さなななちが、明日から中学二年生になるななちであるということが本当に不思議でならない。

家計簿の電子化も面倒な作業だったが面白かった。支出の内訳から当時の生活が透けて見えるのだ。結婚して最初の4年間は、食費と娯楽費が家計の1/3を占めていた。週末のたびに昼・夜外食し、長期休みには旅行に行っていたので当然だろう。出産を期にガクンと娯楽費の割合が減り、ななちの成長に比例するように年々食費と教育費が占める割合が上がっている。家計簿の変遷から生活スタイルの変遷を振り返ることができ、懐かしい日々を思い出すことができた。

写真も家計簿も電子データに過ぎないが、そのデータは過ごしてきた時間が生み出してきたものなのだなと言うことを感じた1ヶ月間だった。

別れの春

今日は父の命日だ。3年前の今日、父は一人で静かに逝ってしまった。あの日も桜がきれいに咲いていた。三回忌なので家族で集まり食事をする予定だったが、こんな状況なので延期し、それぞれ家で偲ぶことにした。

そんな折、志村けんさんの訃報を目にしてさらに悲しい気持ちになった。バラエティー番組はほとんど見ていないが、子供の頃には弟と一緒に「8時だョ!全員集合」や「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」を見ていた。カラスの替え歌もよく歌っていたし、ジャンゲンする時には今でも「最初はグー!」と言う。ものすごく好きという訳ではないが、小さな頃から知っている身近に感じるコメディアンだった。なので自分でも意外なくらいショックを受けている。

身近な人ほど、その死をイメージしにくい。父が入院した時も、膵臓癌からの肝臓への転移、血糖値の低下、意識の混濁など冷静に見ればほぼ希望がない状況にも関わらず、私達家族は皆、父なら乗り越えて回復すると信じていた。なので、その希望があっけなく崩れ去った時のショックはとても大きなものだった。

志村さんの場合も同じなのだと思う。子供の頃からテレビの中にいつもいた身近な存在だったからこそ、世界中で3万人もの人が亡くなっている新型コロナウィルスに感染し、肺炎を起こしてECMOを使用している状態だと聞いても、回復して「だいじょうぶだあ」とネタにして笑わせてくれると信じていた。多くの人が、同じような気持ちを持っていたのではないかと思う。

生まれた以上必ず死ぬ。それはゆるぎようのない摂理だ。秋に植えたビオラは梅雨の頃には枯れてしまうし、夏に元気に鳴いていたセミは秋の気配を感じる頃には落ちてひっくり返っている。そうした生から死への流れは常に目にしているはずなのに、これが自分や自分の身近な人のこととなると、当たり前のこととして受け入れることが難しい。死の可能性を拒絶し、そう簡単に死なないはずだと思い込もうとする。しかし、現実は容赦してくれない。

今流行している新型コロナウィルスは、人によっては致死率がかなり高いウィルスだ。過度に恐れる必要はないが、自分の行動が家族や友達、誰かにとって大切な人の命を奪う可能性があるということは、忘れてはならないと思う。

志村けんさんのひとみばあさんとヒゲダンスが好きでした。心よりご冥福をお祈りいたします。

休校中に読める無料漫画

新型コロナウイルスへの対策として、全国の学校で臨時休校が実施されている。そうした状況の中、様々な出版社が自宅で過ごす子供たち向けに、漫画や文庫本などを無料で提供し始めた。

人気の週刊漫画雑誌やロングセラー作品、学習漫画やラノベなど、色々な漫画や本が無料で読み放題となるこのチャンス、子供はもちろん、大人も逃さず利用しよう。

1.週刊少年ジャンプ

2.マーガレット

3.週刊少年サンデー

4.月刊コロコロコミック

5.週刊少年チャンピオン

6.KADOKAWA児童書

7.学習まんが少年少女日本の歴史


1.週刊少年ジャンプ 

集英社のジャンプBookストアでは、「週刊少年ジャンプ(2020年1号~13号)」が無料公開されている。利用には会員登録(メールアドレス登録)が必要。

無料公開少年ジャンプ

配信期間:2020年3月2日~3月31日
利用条件:会員登録

今なら人気の『鬼滅の刃』の最新話も無料で読める!…が、読んだら最初から読みたくなって購入って流れになるよな…。

2.マーガレット

同じく集英社のマーガレットBookストアでは、別冊マーガレット、ザ マーガレット、ココハナ、りぼん、クッキーなどの少女漫画を無料公開中。

無料公開マーガレット

配信期間:2020年3月5日~3月31日
利用条件:特になし

子供時代から今に至るまでほとんど読んだことのない少女漫画。この機会に新しい世界を拓くべく、読んでみようと思ったが、開始3ページで無理だった。(世界が違うと感じた。)

3.週刊少年サンデー
サンデーうぇぶりでは「週刊少年サンデー」(2020年1号~12号)および一部の連載終了漫画を順次全話無料で公開している。利用には専用アプリ「サンデーうぇぶり」をダウンロードする必要がある。

無料公開週刊少年サンデー
配信期間:3月2日〜3月31日
利用条件:専用アプリ「サンデーうぇぶり」をダウンロード

全話無料作品の中には『らんま1/2』や『うしおととら』などの懐かしい作品も。それぞれ一週間期間限定なので、タイミングを逃さないようにしよう。

4.月刊コロコロコミック

小学館eコミックストアでは「月刊コロコロコミック」(2020年1月号~4月号)を無料公開。

月刊コロコロコミック無料公開

配信期間:2020年3月2日から随時公開
利用条件:特になし

コロコロコミックはドラえもんが掲載されている雑誌くらいの認識であまり読んだことがなかったのだが「なるほど!こういう系か笑」という発見があった。

なお、小学館eコミックストアでは「ちゃお」「Sho-Comi」「ベツコミ」「プチコミック」「月刊flowers」のバックナンバーの一部も期間限定で無料公開している。(15日まで)

5.週刊少年チャンピオン

「週刊少年チャンピオン」(2020年1号~12号)はマンガクロスにて無料公開。

少年チャンピオン無料公開

配信期間:2020年3月4日〜3月31日
利用条件:特になし

チャンピオンは全く読んだことがなかったのだが「なるほど…こういう系か…」という発見があった。

6.KADOKAWA児童書
 
KADOKAWA児童書ポータルサイト「ヨメルバ」では「読みホーダイ」のラインナップを大量追加し、合計400冊以上が無料公開されている。

KADOKAWA児童書無料公開

配信期間:2020年3月2日〜4月5日
利用条件:特になし

個人的には日本の名作カテゴリの中にあるいわゆる文豪シリーズがおすすめ。アニメカバー(文豪ストレイドッグスとコラボしているのかな。)はびっくりするが、中身は原書の通り。

KADOKAWA児童書無料公開

7.学習まんが少年少女日本の歴史

学校の図書館などで読んだ人も多いのではないだろうか?昭和テイストの絵柄がめちゃくちゃ懐かしいまんが『日本の歴史』。とりあえずこの期間に全巻読み直そうと思う。

配信期間:2020年3月11日〜4月12日
利用条件:特になし

以上、メインどころの週刊漫画雑誌&文庫をピックアップしてみた。同じ少年漫画でもジャンプとサンデー、コロコロ、チャンピオンは毛色が全く違うんだなあということを今回発見した。これだけの漫画や本が無料で読める機会はなかなかないと思うので、このチャンスを有効に活用し、読み比べや全巻制覇などしてみてはいかがだろうか。

家庭学習に役立つWebサービス(中高生向け)

コロナウィルスの感染拡大防止の対応のため学校の休校対応等が行われている中、様々な企業が自宅学習をサポートするサービスの提供をはじめた。ここでは個人単位で利用可能な無料の中高生向けサービスをご紹介。

1.Z会の通信教育教材

2.アオイゼミの授業動画公開

3.LINE「新型肺炎休校サポート 」

4.寿司打

5.Scratch


1.Z会の通信教育教材

Z会の教材(PDF)をダウンロードすることができる。(新中学一年生の数学のみ、映像授業の一部が公開されている。)登録不要でウェブサイトへのアクセスのみで利用できるので気軽に利用することができる。

提供:Z会
内容:教材(PDF)のダウンロード
対象:中学生・高校生・大学受験生
教科:数学・国語・英語・社会・理科(学年ごとに提供科目は異なる)
提供期間:2020年3月2日(月)より随時公開
利用方法:Webサイトへアクセス(登録不要)

2.アオイゼミの授業動画公開

中高生を対象としたオンライン学習塾アオイゼミの授業動画(4,000本以上)を期間限定で無料開放している。利用には無料会員への登録(メールアドレスの登録)が必要。

提供:アオイゼミ
内容:eラーニング(授業動画)
対象:中学生・高校生
教科:数学・国語・英語・社会・理科
提供期間:2020年3月2日(月)~3月31日(火)まで
利用方法:無料会員(メールアドレス)登録

3.LINE「新型肺炎休校サポート 」
LINEみらい財団と数学検定協会、学研、市進学院、教育情報サービス等が連携し、期間限定で提供している。利用するにはLINEみらい財団をともだち登録する必要がある。

提供:LINEみらい財団
内容:eラーニング(授業動画)
対象:中学生・高校生
教科:数学・国語・英語・社会・理科
提供期間:2020年3月2日(月)~新型コロナウイルスによる影響が収束するまで
利用方法:LINEのともだち登録

みらい財団をともだち登録すると、トーク画面から視聴したい教科が選択できるようになる。

教科ごとに色々な映像授業が用意されている。

4.寿司打

個人的におすすめしたいのが寿司打だ。

寿司打

知る人ぞ知る、だいぶ歴史のあるタイピング練習ゲームである。(私も一時期ハマった。)回転寿司のお皿が流れてしまう前に、画面に表示される文字をタイピングするというもので、ブラインドタッチを身につけるにはぴったりのゲームだ。登録やインストールなども不要でサイトへのアクセスだけで利用できる。難易度が幅広いので、初心者から上級者まで楽しめる。Flashゲームだが、Flash Playerの必要のないWebGL版も公開されている。(これでFlash Playerのサポートが終了しても遊べる!)

内容:タイピング練習
対象:中学生・高校生・大人
利用方法:Webサイトへアクセス

5.Scratch

ブロックを用いることにより、小学生でも簡単にプログラミングができるように作られたソフト。ウェブサイト上で自由に使うことができ、ゲームやアニメーションを自作することができる。最近では中学の技術(3年生)の時間に取り入れられているようだ。アカウント登録することで、作ったプログラムの保存や公開、他のユーザとの交流ができるようになる。

提供:MITメディアラボ
内容:プログラミング
対象:中学生・高校生・大人
利用方法:アカウント登録

せっかくの長い春休み、普段はできない色々なことにチャレンジしてみてほしい。

学べるスマホゲーム(中学生)

全国一斉休校で家庭学習となった中学生向けに、遊んで学べるスマホゲームを2点ご紹介。自宅で家庭学習と言われても、丸一日机に座って勉強なんて集中力がもたない。ついついSNSやYouTubeを眺めてしまってダラダラ過ごしてしまう…なんていう子(まあ、うちにも一人いるんだけど)におすすめのハマる系の学習ゲームだ。

1.数学の王者(数学)

2.あそんでまなべる-世界地図パズル(地理)

1.数学の王者

数学の王者

問題を解き進めると職業がランクアップしていき、最後には王族になることができるという、ゲーム感覚で中学数学を学ぶことができるゲーム。

内容は足し算、引き算、掛け算、割り算、算数、幾何学、分数、乗数、統計、方程式。一部のゲームが無料公開で提供されており、360円でフルゲームをダウンロードできる。

各カテゴリごとに9章の問題が用意されており、最初は簡単な問題からスタート。(こちらは足し算の第1章)

章が進むにつれ、応用問題が出題されるようになる。(こちらは足し算の第6章)

幾何学の問題では図形に関する問題が出題される。

乗数の問題もおもしろい。

それぞれ10〜18問の問題を100秒で解くというタイムトライアル形式になっているので、短時間に集中してミスなく暗算する力を育むことができる。プリント問題を解くのは苦痛という子でも、これならゲーム感覚で何度もチャレンジしたくなるようだ。(ソースは我が娘。)大人の脳トレにもぴったり。親子でレベルやタイムを競って遊べば、子供のやる気もアップ。(ソースは我が家)とりあえず女王にはなれたので、この長期休み中に全本星3つにしたい。

iPhone版はこちら
Download App Store

Android版はこちら
download-google-play

2.あそんでまなべる-世界地図パズル

世界地図のジグゾーパズル。名前はよく聞くけれど、その国がどこにあるのかよくわからない…ということは大人でも多いと思いと思う。このゲームではジグゾーパズルを通して、国の大きさや位置を学ぶことができる。

いきなり世界地図が厳しい!という場合には「ヨーロッパ」「西アジア」などエリアを限定してプレイすることもできる。これは西アジアのパズル。イランとイラク、名前は似てるけれどこんなに大きさが違うんだ、とか、イスラエルとパレスチナはどちらもこんなに小さいんだとか様々な発見があると思う。

他にも「サッカー強豪国」「オリンピック強豪国」などのテーマでプレイすることができる。「NATO」「OPEC」などの国際組織の加盟国を覚えるのにも便利だ。(ちなみにEUにはまだイギリスが入ったまま。アップデートで変わると思われる。)

iPhone版はこちら
Download App Store

Android版はこちら
download-google-play

5週間

マロンが亡くなって5週間が過ぎた。あまりにも突然であっけなかったため、まだ気持ちの整理がついていない。

亡くなった直後はひたすら泣いてばかりいたが、お焚き上げした後、情報共有しなくてはという使命感のようなものを感じ、飼育ブログに亡くなるまでの経緯を書いた。増えてきたとは言えまだまだ飼育事例の少ないハリネズミ。いつか誰かの参考になればと思って書いたつもりだが、読み返してみるとさほど有効な情報はなく、ただ自分の気持ちを吐き出しているだけの駄文だった。

記事を書くことにより少しは気持ちの整理がつくかなと思ったが、そんなことはなく、飼育道具の片付けや祭壇の設置などマロンに関する諸々のことが済んだ後、無気力状態に陥ってしまった。本を読むとか、庭いじりをするとか、お菓子を作るとか、今まで好きだったことに全く関心を持てなくなった。

こんなことは初めてで、自分は一体どうなってしまったのかと不安になったが、これは抑鬱状態であること、抑鬱状態になるのは悲しみのプロセスの一つであることなどを夫が冷静に説明してくれたので、そういうものかと受け入れ、時間が解決してくれるのを待った。

そんな訳でこの1ヶ月はコーヒーを向精神薬代わりにして仕事と家事をこなし、アイリッシュコーヒーとジンコークを睡眠導入剤代りにして寝るという生活を送っていた。不健康だが、カフェインとアルコールの力のおかげで規則正しい生活を維持することができ、結果的に寝込むような状態にまでには陥らずに回復できたのだと思う。(でもあまりオススメはしない。)

割とメンタルは強い方だと自負していたので、こんなに落ち込むものかと自分でもびっくりしてしまったが、それだけマロンの存在が大きかったということなのだろう。

犬や猫と比べると、ハリネズミはそれほど人と密接に触れ合う動物ではない。でもその分、常に気配を感じんがら生活していた。ハウスと針が擦れる音、砂を踏む音、カリカリという咀嚼音、水を飲む音、毎日いろんな音に聞き耳を立てながらマロンの様子を見守っていた。そうした音や気配を全く感じなくなってしまったことが、とても寂しく悲しい。

謹賀新年2020

明けましておめでとうございます。

昨年ななちが中学生になったタイミングで「子育て」カテゴリを閉じ、その分「書評」カテゴリを増やしてみました。

濫読系なのでレビューする本にも統一性はありませんが、これからもマイペースに書き綴っていこうと思っていますので、よろしくお願いいたします。

この年末年始は実家で過ごした。おせちを30日までに作らなくてはならなかったので忙しかったが、その分、大晦日とお正月はのんびり過ごすことができた。田作はななち作。年々上手になっている。

marshipさん個展へ

神宮前ギャラリーで開催しているmarshipさんの個展「星の降る森」へ行ってきた。

marshipさんはイベント出展は頻繁に行なっているが、個展という形での展示販売は今回が初めてとのこと。ギャラリー空間全体でmarshipさんの世界を表現されていてとても素敵だった。

marshipさんの作品の魅力は造形の細かさと世界観だ。作品一つ一つにストーリーがあり、動物への深い愛を感じる。例えばこのベタのピアスは、耳につけると泡をイメージしたブルートパーズの周りをベタがヒラヒラ泳ぐように作られている。

陽気なスマイルを浮かべたハシビロコウのリング。このゴツさと存在感、男性がつけても素敵だと思う。

立ち姿のペンダントも、ハシビロコウの特徴である直立不動感があふれている。

他ではあまり見られない爬虫類や昆虫をモチーフにしたアクセサリーがあるのも魅力だ。

また、今回は個展と言うことで石のセレクトオーダー会も開催。

自分で好きな石を選んでそれをピアスやリングなど好きなアイテムに仕上げてもらう事ができる。

使用する石はデンドリッククォーツ。金属成分が水晶に溶け込こんでいて植物入りの琥珀のような模様を持つ。

自然のものであるため、同じ模様のデンドリッククォーツはない。どれもが世界でたった一つだけの模様だ。

自分へのクリスマスプレゼントとして、新規にぶら下がりポーズのハリちゃんをお迎え。

誕生日にプレゼントしてもらった燻銀ハリちゃんと比べるとサイズも重量もアップ。冬のニットにちょうどいいサイズだ。

このフォルムとリアルなハリ感、実物を見たりされているのですかとmarshipさんにお伺いしたところ、ハリカフェや動物園などで実際に見て、触れ合って作品の造形イメージを作っているとのこと。ヤンバルクイナを作成する時には沖縄まで実物を見にいったのだとか。(すごい!)作家さんにお会いして色々お話を聞けるのも個展ならでは。

marshipさんの作品展は明日まで。ここでは紹介しきれないくらい、魅力的な作品がたくさんあるのでお見逃しなく。来場者プレゼントのクロスもとても素敵。

marship個展「星の降る森」

獄至十五ツアー参戦

この週末はななちと打首獄門同好会のライブに行ってきた。

打首獄門同好会を知ったきっかけはApple Musicだ。「For you (あなたへのおすすめ)」でたまたま流れてきた「布団の中から出なくない」を聴いて「なんだ?この私の心情をそのまま歌いあげたようなこの曲はッ?!」となり、ググってYouTubeのチャンネルを発見し「日本の米は世界一」を聴いて「あ、好き…」とハマった。

その後ななちにも布教し(→あっさりハマる)、いつか二人でライブとか行けたらいいなーなんて思っていたのだが、思った以上にその日は早く訪れた。このくじ運のない私がチケット当選したのである。

ななちは初のライブハウスデビューだし、私もめちゃくちゃ久しぶりのライブだ。オールスタンディングで二人とも体力がもつのかと不安だったが、とりあえずバンドTシャツを打首獄門同好会公式サイトで購入するなどして気合を入れる。

バンドタオルもゲット。

これらを装備し、体力アップのため夕飯には牛タンを摂取。いざCLUB CITTAへ。

前に行った時は確かまだ川崎クラブチッタだったと思うので20年ぶりくらいになる。すっかりお洒落な町になっていてびっくり。チネチッタのクリスマスイルミネーション、綺麗だった。

獄至十五ツアーは対バン形式で行われていて、会場毎に様々なゲストが出演するのだが、今回ゲストは氣志團だった。

テレビでみたあのリーゼントヘアの昭和のヤンキーがすぐ目の前に立っている。それだけでも興奮したが、パフォーマンスが始まるとさらにテンションアップ。歌はもちろん、トークも演出も面白くて笑いっぱなしだった。私は氣志團のライブに来たんだっけ?と思うくらいに密度の濃い、大サービスなステージだった。

これは打首さん、ステージ食われてしまうのでは…と一瞬思ったが、全くそんなことはなかった。むしろ、そんなことを一瞬でも思ってしまった自分を恥じたい。

大澤会長の宣言と共に「きのこたけのこ戦争」が勃発、ライブ会場は瞬時に打首ワールドへと切り替わった。さっきまで楽しくワンナイトフィーバーを踊っていた周囲の人達がいきなりヘドバンを始め、力の限り「きのこ!きのこ!」「たけのこ!たけのこ!」と絶叫し始めたのだ。驚いていたらサビでモッシュが始まり、何の心構えもなかったななちと私はあっという間に3メートルくらい流された。

ライブハウスもオールスタンディングも経験があったのだが、モッシュやリフトがあるタイプのライブは今回が初めて。最初は訳がわからず圧倒されてしまったが、モッシュが起こるタイミングを掴めるようになってくると楽しめるようになってきた。

他にも「島国DNA」ではマグロのバルーン人形がダイブしてきたり、「デリシャススティック」ではペンライトがわりにうまい棒が配られたりと、今まで経験したことのない演出ばかりで楽しかった。

こんなに踊って、歌って、叫んだのは初めてかもしれない。個人的には白米至上主義者として人目を憚らず心の底から「日本の米は世界一ィィ!!」と叫ぶ事ができたのが何よりも嬉しかった。

アンコール「フローネル」でライブは幕を閉じた。我に返ると疲労で動けなくなりそうだったのでテンションを保ったまま速やかに帰宅。そして二人で肩まであったか〜いお風呂に浸かり…幸せを感じた。(お風呂最高!)

獄至十五ツアー、本当に熱くて楽しい時間を過ごす事ができた。親子でのライブ参戦もいい思い出になった。次の機会があるのなら、その時までに体力をつけ、体幹を鍛えておこうと思う。(現在絶賛筋肉痛)

打首さんの歌はドラムもギターもかっこいい上、歌詞がとてつもなくわかり味が深い。個人的にとてもオススメなので一度聴いてみてほしい。

ドラクエウォークのお土産を贈ってみた

この週末は鎌倉へ出かけた。鎌倉といえば高徳院の大仏様だ。神奈川県を代表する観光スポットということでドラクエウォークのご当地クエストにもなっている。

ドラクエウォーク鎌倉

クエストクリアの報酬はもちろん大仏の像。大仏の後ろに石像がチラ見えしているのがかわいい。

ドラクエお土産鎌倉

この可愛さ、独り占めするのは勿体ない…ということでゲットしたおみやげをフレンドに贈ってみよう。まずはメニュー画面の「おみやげ」をタップ。

日本地図の下の「おみやげをあげる」をタップ。

フレンド一覧が表示されるので、おみやげをあげたいフレンドを選び「この人にあげる」ボタンをタップ。

あげたいおみやげを選んで「確認」ボタンをタップするとフレンドにお土産を贈ることができる。

おみやげをもらった通知は相手がログインした時に一度だけ「●●さんからおみやげをもらいました」と表示される。現時点では、後から相手を確認できない仕様なのがちょっと不便…。

久しぶりの大仏様。奈良の大仏様より小さいが、屋外にあり近くまで寄ってみることができるのがよい。前に訪れた時よりも海外からの観光客がぐっと増えており、鎌倉の街のインバウンド化が進んでいた。

そのせいなのだろうか。私がお土産やさんで買い物をした際、英語で一万円ではお釣りが出ないと言われた。店主が外国の方なのかな?(そうは見えないけど)と思い、「OK!」と答えて外にいたななちに「1000円貸して〜。」と呼びかけたら「す、すみません…!!」とフツーに日本語で話し始めた。…確かにちょっとエキゾチックなカーディガン着ていたけれど…一体どこの人だと思われたのだろう。(夫とななちは大爆笑…。)