コニファーとの別れ

各地に大きな爪痕を残していった台風19号。昔住んでいた辺りも被災していて心が痛む。ななちをバギーに乗せながらよく歩いたあの散歩道の小川が、たった一日であんな状態になるなんて全く想像できなかった。自然の力は本当に甘くみてはいけないのだと思った。

我が家の方は幸い大きな被害はなかったが、庭木2本を伐採することになった。去年の大雪と台風で倒れており、その度に引き起こしてロープで支えるなどしていたのだが、前回の15号、今回の19号でもうこれ以上は無理だろうと諦めることにした。

家を買った時、初めて自分の手で植えたコニファーで11年間大切に育ててきた。最初は手に提げて持って帰ってこれるほどの大きさだったのだが、ぐんぐんと成長してどちらの木も二階の窓にまで届きそうなくらいまで伸びた。木の成長力を甘くみていた。

想定外の大きさにはなってしまったが、幹も太く、葉も青々と生い茂り健康に育っているので大丈夫…と思っていたのだが、大雪で倒れた際に、根があまり成長していないことに気がついた。背後のコンクリート壁に阻まれて根をバランスよく広げることができなかったのだろう。自分の知識不足と見込みの甘さで伐採することになってしまい本当に悲しいし、木に申し訳ない気持ちでいっぱいだ。

ドラクエウォークでメガモンスターを討伐してみた

ドラクエウォークで冒険ランクを10まであげると、メガモンスターの討伐に参加できるようになる。先日渋谷に出かけた際、ちょうど109にゴーレムがいたので参戦してみた。

メガモンスター

メガモンスター討伐は、近くのプレイヤー(最大8人)で協力してモンスターを倒すレイドバトルだ。メガモンスターはマップ上に大きく表示されており、それをタップするとモンスターの強さ(推奨レベル)と残り時間(そのエリアにあと何分出現しているか)を確認する事ができる。倒せそうだったらモンスターの近くまで歩いていこう。

メガモンスターの近くに行ってタップすると、討伐参加画面が開く。

メガモンスターの討伐に参加するには「とうばつ手形」が1枚必要だ。とうばつ手形は交換所で500Gで交換することができる。交換できるのは1日1回のみなので、日頃からマメに交換してためておくのがオススメ。

とうばつ手形

手形を払って「参加する」を選択するとスタンバイ画面となる。1分ほど待ち、他に参加者がいないかをチェックしたらいよいよスタート。

自分のパーティを操作し、モンスターを攻撃していく。画面には自分が与えたダメージや他のプレイヤーが与えたダメージが表示される。

貢献度が高いプレイヤー(上位3名)と、自分の順位が表示される。推奨レベル25のモンスターにレベル26で挑戦したので微妙かなーと思ったが、他のプレイヤーがとにかく強かった。(感謝)

モンスターを撃破するとそのモンスターのこころが手に入る。

最後に貢献度が高かった上位3名が紹介される。(ここでは消してあるが、プレイヤーの名前も表示される。)いや、ほんと強かった。さすが渋谷。

そして貢献度に応じた報酬が配られる。

メガモンスター討伐はライブ感があって楽しかった。現在キャンペーンで竜王が降臨しているのでもう少しレベルあげたら挑んでみよう。

鹿展Vol.5へ

この週末は神宮前ギャラリーで開催している鹿展Vol.5へ行ってきた。秋の鹿展は2回目となる。5月の鹿展とはまた違った雰囲気の展示で、とてもよかった。

洋服を着た鹿さんとりすさんが可愛い秋草愛さんの立体作品。(全て売約済)秋草さんは12月にも神宮前ギャラリーで個展を開催する予定。

いきものアーティスト岡崎妙子さんの作品は絵も立体作品も色使いがエスニックで個性的。

今回初参加となる風間孝浩さんは箔押し作家さん。箔押しというものを初めてみたが、色味がとても繊細で美しい。写真では質感が伝わらないのが残念。ポストカードも印刷ではなく、一枚一枚手作りされているとのことで一枚一枚雰囲気が違う。

こちらも今回初参加となる日本画家の菊池咲さん。鹿の表情がとても魅力的。なんと菊池さんは猟師でもあり、絵で使う膠も自作されているとか…!

猛獣使いminiさんも今回が初参加。鹿も素敵でしたが、狼の絵がとても尊い…。ななちも心酔し缶バッチをゲットしていた。

吉野剛広さんの作品はちょっととぼけたような表情がとても魅力的。全て木彫りで作られている。

鹿展Vol.5は10月8日まで。最終日は17時閉廊となるのでご注意を。

今回お迎えした岡崎さんの立体作品。すっかり我が家に馴染んでいる。

神宮前ギャラリー更新

神宮前ギャラリーサイトにイベント情報を掲載しました。

ALISA HORITA グラスペイント展
開催期間:2019年11月15日(金)〜 11月17日(日)

ガラス製の器や食器に絵付けを行ったグラスペイントの作品展です。ALISA HORITAさんの初個展となります。日本ではあまり馴染みのないグラスペイントですが、東ヨーロッパでは古くから親しまれており、安産祈願を願って作品を作ったりすることもあるそうです。

ALISA HORITA グラスペイント展

ドラクエウォークのご当地クエストをやってみた

気がつけば9月最終日。体育祭とそれに伴うPTAのお勤めに追われながら新規案件を進める日々を過ごしていたらあっという間に1ヶ月が終わった。今月はゆっくり本を読む時間もとれなかった…が、ゲームはやっていた。

ドラクエウォーク

2019年9月12日に配信スタートした「ドラクエウォーク」。これはまあ、やらなきゃいけないだろう。世代的にもポケモンよりもドラクエなので、ポケGOはアカウントごとななちにあげてしまい、私はこっちをやることにした。(飽きっぽいのでおそらく長続きはしないだろうが。)

ドラクエウォークには「ご当地クエスト」という地域限定のクエストが用意されている。ご当地クエストは全国のランドマークとなる場所で開催されており、クリアするとその地域限定のお土産をゲットすることができる。そのお土産がスライムモチーフでとてもかわいいことを知り、とりあえず一番近いランドマーク「小田原城」を攻略してきた。

お土産をゲットできるランドマークは、マップ上に写真入り吹き出しで表示される。

ランドマークを見つけたらそのランドマークを目指して歩いていこう。マップ上に表示されていても、近づかないとクエストは解放されない。

一定の範囲内に入るとクエストが解放されたとのお知らせが表示される。

ランドマークの写真をタップすると「イベント」メニューの「ご当地クエスト」のセレクト画面に移動するので、ここからクエストに挑戦する。

クエストを起動するとドン・ランドマークという怪しげなおじさんがクエストの説明をしてくれる。

ご当地クエスト(小田原)

あとはいつものクエストと同じように、エリア内の目的地候補から好きな場所を一箇所選んで目的地として設定する。

モンスターを倒しながらそのポイントまで歩いていけばクエストクリア。登場するモンスターのレベルは低いので簡単に倒すことができる。

小田原のお土産はやっぱりかまぼこ。スライム型なのがとてもかわいい。

入手したお土産はジェム(有償ジェム限定)を使って5個まで購入することができる。

小田原のお土産スライムかまぼこ

お土産はメインメニューの「おみやげ」からフレンドにおくることが可能だ。

ご当地クエストのできるランドマークは全国各地に点在している。どのお土産もとてもかわいいので旅行好きな人や出張が多い人にはぜひおすすめしたい。

神宮前ギャラリー更新

神宮前ギャラリーサイトにイベント情報を掲載しました。

手づくり1点ものまるてんぼう 「楽しいデニム」展
開催期間:2019年11月7日(木)〜 11月13日(火)

一家9人(父母4女3男の家族)の作家さんによるデニム作品展です。それぞれ独学で創作されているということで、ここにしかない一点物に出会うことができます。

まるてんぼう楽しいデニム展

神宮前ギャラリー更新

神宮前ギャラリーサイトにイベント情報を掲載しました。

a.broderie Exhibition 2019
開催期間:2019年10月25日(金)〜 10月30日(水)

糸やビーズなどで刺繍したちょっと素敵なものを日常使いに、がテーマです。展示と販売(バック、ストール、アクセサリー他)を行います。
12月には作家さんによるビーズ刺繍のワークショップが開催される予定です。

a.broderle Exhibition 2019

神宮前ギャラリー更新

神宮前ギャラリーサイトにイベント情報を掲載しました。
今年も秋の「鹿展」が開催されます。

鹿展Vol.5

鹿展Vol.5
開催期間:2019年10月3日(木) 〜 10月8日(火)

神宮前ギャラリー企画「鹿展」を開催します。様々な分野で活躍する作家7名の「鹿」作品を展示します。
個性豊かな鹿たちをお楽しみください。

鹿展Vol.5DM

今回のDMの題字&デザインは鹿展Vol.4に参加してくださったタカハシカズマさんです。