『ぼくは王さま』(理論社)

小学一年生の時、初めて図書室で借りたのがこの本だった。私が入学した小学校は、アラビアの僻地にある小さな日本人学校だったが、ちゃんと図書室というものがあった。びっしりと本が置かれたスチール棚が何台も並んでいる小さな部屋に入った時、たくさん本がある!全部読みたい!と感動したのを覚えている。

そして、見上げるような高さのスチール棚から『ぼくは王さま』を手に取り借りた。この本を選んだ理由は、背表紙のタイトルのレタリングが他の本と違っていて目を惹いたからだった。(このタイトルのレタリングは第2話の「しゃぼんだまのくびかざり」をイメージしたものだと思われる。)

どこの おうちにも
こんな 王さま
ひとり いるんですって

そんな前書きからはじまるこの本には「ぞうのたまごのたまごやき」「しゃぼんだまのくびかざり」「ウソとホントの宝石ばこ」「サーカスにはいった王さま」という4つのお話が収録されている。

主人公はたまごやきが大好きな王さまである。王さまはぞうのたまごのたまごやきが食べたいとか、しゃぼんだまの首飾りが欲しいとか、突飛なことを言っては大臣たちを振り回している。それに大変嘘つきだし、注射が嫌だからといってお城から逃げたしたりしてしまう臆病者でもある。子供の頃の私は、漠然と「だめな王だなあ」と思いつつも、やっぱり王さまがすきだった。

王さまは、しゃぼんだまの首飾りを手に入れるために汗水垂らして畑を耕す真面目なところがあるし、一生懸命作ったしゃぼんだまの首飾りを国民に配ってあげたりする優しさをもっている。嘘つきを見破る箱を使って、攻めてきたとなりの国の王様を退ける知恵をもっているし、無一文でお城を逃げ出した時にくすりを出してくれたくすり屋に、日銭を稼いでお金を払う義理堅さもある。

ダメな王様だが、どこか愛嬌があり憎めない。傲慢で自分勝手で無知だが、経験や学びによって、少しずつ成長していく。実に人間らしいと思う。おべっかを使う大臣も、適当な嘘でごまかす学者も、相手によって態度を変えるくすり屋も、私たちの周りでもよく見かけるタイプの人物ばかりだ。

欺瞞に満ちていると失望しつつも、時折垣間見える温かみや思いやりに救われ、やはり愛さずにはいられない…。王さまの国は、私たちの社会そのものなのかもしれない。

『おおきなかぼちゃ』(主婦の友社)



街を歩くと、かぼちゃやコウモリが目につくようになった。ハロウィンも、ここ数年で、秋の恒例行事として根付きつつある。そんなハロウィンシーズンにぴったりの絵本が『おおきなかぶ』ではなく、『おおきなかぼちゃ』。タイトルだけでネタバレしてしまいそうな絵本だが、内容的にも『おおきなかぶ』のパロディといった感じだ。

魔女が育てた大きなかぼちゃ。ハロウィンの夜にパンプキンパイを作ろうと思ったのに、大きなかぼちゃはびくともしない。そこへゆうれいや吸血鬼、ミイラ男がやってきて…と、ストーリーの流れはほとんど『おおきなかぶ』といっしょだが、一つだけ大きな違いがある。『おおきなかぶ』では、おじいさんかかぶをひっぱって、おばあさんがかぶをひっぱって、まごがおばあさんをひっぱって…といった感じに登場人物がそれぞれ協力しあうが、おばけ達はそうではない。ゆうれいや吸血鬼、ミイラ男達はそれぞれ一人ずつが挑戦し、自分にはできないと諦めてしまう。そこへ、小さくて非力だが賢いコウモリがやってきて、一つの知恵を与える…。「力を合わせる」という知恵を。

ある意味、『おおきなかぶ』よりも主題が明確でわかりやすい絵本だとと思う。表情豊かなユニークなおばけ達も魅力的だ。小さな子供が集まるハロウィンパーティーの読み聞かせにおすすめしたい。

『大どろぼうホッツェンプロッツ』(偕成社)

この本を読んだことがある人は割と多いのではないだろうか。あごひげを生やし、帽子をかぶった大どろぼうホッツェンプロッツ の物語だ。小学校の図書館には必ず置いてあるに違いない。

大どろぼうホッツェンプロッツに盗まれたコーヒーひきを、二人の少年カスパールとゼッペルが取り戻しに行く冒険物語である。タイトルはホッツェンプロッツだが、物語の主人公は実は二人の少年の方である。この本の魅力は何と言っても強烈な個性を持つキャラクターとテンポの良いストーリー展開にある。

まずキャラクターについて言うと「ホッツェンプロッツ」とか「ペトロジリウス・ツワッケルマン」という発音しにくい名前は、かえって強く印象に残るため、一度覚えたら忘れにくい。さらに大どろぼうのくせに実弾ではなくコショウピストルを使ったり、人間を鳥やカエルに変えるほどの魔力を持つ大魔法使いなのに、ジャガイモの皮は手剥きこだわったりしている敵キャラクター達は、悪党であることは間違いないのに、どこかユニークで愛嬌がある。

次にストーリー展開だが、こちらも実に秀でている。次から次へと物語が展開していくため、一つの章を読み終わっても、次の展開が気になり「あと一つだけ」「もう一つだけ」とついつい読み進めてしまう。小学生の頃、休み時間にうっかり図書館で読み始めてしまったことをひどく後悔したのをよく覚えている。(もちろん速攻借りて、家に帰って一気に読破した。)子供達二人が頭を使い、力を合わせて大人を出し抜くという点も痛快だ。

作者のオトフリート・プロイスラーは小学校の教師をする傍らアマチュア演劇やラジオドラマの脚本なども書いていたそうだ。この本を読んでいる時に感じる、まるで芝居を見ているかのようにその世界に引き込まれてしまうような感覚は、この本が喜劇的な要素を持っているためなのかもしれない。

『アンパンマンのサンタクロース』(フレーベル館)


ちびっ子達のヒーロー「アンパンマン」の作者やなせたかしさんが13日、心不全で亡くなられた。94歳だった。

やなせたかしさんの「アンパンマン」がヒットし、有名なったのは60歳を過ぎてからだったという。昭和48年にスタートした絵本「アンパンマン」のシリーズは、今年で40周年、これまでに350の本が出版された。普通ならリタイアを考え始める時期からの大ヒット、94歳という高齢になっても、直前まで現役で仕事をされていたことは本当にすごいと思う。

私の記憶に残っているアンパンマンの絵本は、比較的初期のものだ。アンパンマンが怪我をしたサンタクロースに代わり、プレゼントを配るというお話だ。この絵本のアンパンマンは、調子にのって失敗したりとなんとなく人間臭く、テレビアニメとはまた違った味わいがある。そこが面白く繰り返し読んだ。

ななちが生まれてから、家では特にアンパンマンのテレビを見せたりはしなかったのだが(ストーリーが絵本のイメージと異なり少し苦手であったのだ。)いつの間にかななちは街でアンパンマンを見つけるたびに「あんぱんまん!」と言うようになっていた。テレビのCMや育児用品のイラストでいつの間にか覚えてしまったのである。子供を惹きつける不思議な魅力があるのだなあと驚いた。「我が家にアンパンマングッツは導入しない!」と言っていた夫も、ななちのおねだり攻撃に負け、誰よりも先にアンパンマンのおもちゃを買ってきた。その後なし崩し的にアンパンマングッツは増え、アンパンマンミュージアムにも二回ほど行った。大喜びで巨大なアンパンマンボールで遊ぶななちの姿を見て、昔の絵本とは違っても、これもやっぱり子供達のヒーロー、アンパンマンなのだなあと思った。

やなせたかしさんが亡くなられても、これからもアンパンマンは子供達のヒーローとして生き続けて行くことだろう。やなせたかしさんが築いた世界観を崩すことなく、サザエさんやドラえもんのようにいい形で引き継がれて続いて行って欲しい。

子供達にたくさんの夢を与えてくれたやなせたかしさん、ありがとうございました。
ご冥福をお祈りいたいます。