ベドール・カールド・アームド来日初個展 "HIDDEN BEHIND YOUR EARS"

本日より、神宮前ギャラリーにてベドール・カールド・アームド来日初個展 “HIDDEN BEHIND YOUR EARS”がスタート。ベドールさんは、中東の油田王国クウェートからやってきた若き女性アーティストである。
クウェートというとあまり馴染みがないかもしれないが、東日本大震災の時にはいち早く「湾岸戦争時の恩返し」として500万バレル(約400億円相当)の原油の無償提供を申し出、日本赤十字社を介してその原油の売却代金を岩手県、宮城県及び福島県に送金してくれたりしている。実に恩義に熱い人達なのである。

湾岸戦争当時、新聞では日本の莫大な資金援助に対し、クウェートは派兵しなかったことを理由に謝辞を述べなかったということが大々的に報道された。これは「国際評価を得ていくためには、今後日本も派兵すべきだ」という一種のプロパガンダのようなものだったのだが、この報道のせいで、多くの日本人の中でクウェートという国に対する印象はあまり良いものではなくなってしまった。

しかしながら、クウェートの方では日本の自衛隊が湾岸戦戦後に地雷・魚雷の撤去作業や復興活動に尽力してくれたことを大変感謝しており、その恩を忘れてはいなかったのである。むしろクウェートの方では、親日ブームが起き、今ではクウェート市内に日本料理屋も多くでき、ダイソーもある。日本語教室も多く、日本への留学を臨む学生も多いという。この辺りの部分について、日本ではあまり報道されていないのが大変残念だ。

ベドールさんは先週日本に到着し、東京等を散策していたそうである。会期中はベドールさんも在廊されるとのことなので、ぜひ足を運んでみて欲しい。