三歳十ヶ月

もう今年も半分近くが過ぎてしまった…。
保育コミュニティーの役員になってしまい、年明けから今年度の活動に向けて会議やら準備やらに追われていた。4月から今年度の活動が始まり、そして先日最大のイベントである運動会が終わった。…というわけでようやく少し余裕がでてきた…。などなど言い訳をならべてみるが、要するに、ひと月に一回は日記書こうというのが今年の抱負だったのだけれど、ダメだったということだ(笑)

ななちは保育コミュニティーでも活発に活動している。運動会でも猛ダッシュで大玉を転がし、親子汽車ポッポリレーではパパを引きりながら走っていた。障害物競走では幼稚園のお姉ちゃん達を圧倒し一位をゲット。どうやら運動神経は両親のものを引き継がなかったようだ。よかったね!(爆)

5月にディズニーランドデビューを果たした。パレードを見ながらノリノリで踊り、キャラクターのぬいぐるみを見つければ猛進し…と大喜びだった。一番楽しかった乗り物は?と聞くと「デズニーランドのトーマス!!(=ウエスタンリバー鉄道)」…やっぱり汽車だった。この鉄道好きはいつまで続くのだろうか??

ななちの最近のブームは「科学」。パパと一緒に「大科学実験」や「とびだせ!科学くん」や「スイエンサー」などを見ている。そして、テレビでみた実験やら冒険やらを真似するのだ。「巨大イカでイカめしをつくる!」という番組を見たら、「ななちゃんも、イカメシたべたい!」とイカを買わされ(→スルメイカなのでちっちゃいイカめししか作れなかった)、「音の振動でコップを割る!」という番組を見たら、自分のコップに向かって大声をはりあげる(→プラスチックなので割れるわけがない。)、「稀少動物を探せ!」という番組を見たら、その次の日はパパと一緒に双眼鏡と虫眼鏡をもってお散歩、という具合だ。口癖は「やってみなくちゃ、わからない。(by:大科学実験)」…まあ、科学や動物に興味を持つのは良い事だとは思うけど…なんか変わった子だなあ…。この先どんな風に成長していくのか楽しみでもあり…多少心配でもある。