どちらが先か

この数日の間に、ななちの発音のバリエーションが増えてきた。
「バ」、「ダ」、「パ」、「プ」等の唇を使った発音ができるようになったようだ。そんな訳で、現在我が家では「パパとママどちらが先に呼ばれるか」合戦が行われている。

悔しいことに、現在ななちは「バア、ダア」「プ、プ」「パアア」等濁音や半濁音の練習にハマっている。夫は「これは、悪いけれどこちらが優勢かな」などと得意気だ。確かに夫が「パパ」と言うと喜んで真似をして「パアープウー」等と言っている。「コレはパパと呼んだと認定していいんじゃないか。」という夫に対し、「ただ発音の真似をしているだけであなたをパパと認識して呼んでいる訳ではない。その証拠に私がパパと言っても同じように真似をする。」といつになく理屈っぽく対抗している。

負けじと私は「ママ」というのだが、にっこり笑うだけで反応はイマイチだ。「マ行は面白みがないようだね。」と夫。
くぅ~。なぜじゃああ!

母に話したら「まあちゃんやめて、ばあばに戻そうかしら…。」

一番乗りを狙うライバルがここにも!!
がんばってマ行を刷り込まなくては…。