集音器とモン・サン・クレール

昨日はとても天気がよかったので、3人で散歩へ出かけた。 ななちのおやつを入れ、おしめを入れ、さあ、出かけようか、と夫の方を見ると、自分のキャリーバックにいそいそと集音器を入れている。川辺の野鳥の声を聞くんだとか…。

この集音器、子供用のおもちゃの割にはかなり性能がよい。それは認めるのだが…かなりかっこわるい。 どんな形をしているかというと、緑色の水鉄砲のさきっちょに真っ青なパラポラアンテナがついているような感じだ。そしてそこから黒いコードが出てヘッドホンにつながっている。

想像してみよう。
この小春日和の日に、真っ黒いダウンジャケットを着て、背中にはキャリーバッグを背負い、怪しげなパラポラアンテナ付き水鉄砲を片手にヘッドホンをしている30代のマスク男の姿を。

はっきり言って怪しい。
正直一緒に歩きたくない。

でも、一人で歩かせると職務質問されかねないし…と、いうことでしぶしぶ一緒に並んで歩いた。 道行く人に不審に思われない様「おお~、この集音器、なかなか楽しいね。野鳥の声が聞こえるね!でも傍から見ると私たち怪しい人だよね~。」と自分たちの行動を大きな声で解説しながら。 (確かに性能は良くて、野鳥の声が聞けて楽しかった。)
ぜひ夫の怪しい姿を掲載したかったのだが、肖像権の問題があるので断念した。

川辺を散歩した後、電車に乗って(もちろん集音器はしまった)自由が丘へでかけた。目的はモン・サン・クレールのケーキ。せっかく近くに住んでいるので引っ越す前に食べておこう、ということに。自由が丘から徒歩10分程度という決して立地がいいとは言えない場所にありながら、今日もお店は長蛇の列。さすが辻口さん。 とてもイートインできる状態じゃないので、テイクアウトにする。

旬のいちごを使った ガレット フレーズとセゾンド ガトー、 マロン アロマ オランジュ(栗のムースの中にオレンジの香りのガナッシュが入っている)、シュー ア ラ クレーム、の4点をお買い上げ。 人気なだけあってどれもおいしかった。…それにしても、最近ケーキづいてるなあ…。