『ぼくは王さま』(理論社)

小学一年生の時、初めて図書室で借りたのがこの本だった。私が入学した小学校は、アラビアの僻地にある小さな日本人学校だったが、ちゃんと図書室というものがあった。びっしりと本が置かれたスチール棚が何台も並んでいる小さな部屋に入った時、たくさん本がある!全部読みたい!と感動したのを覚えている。

そして、見上げるような高さのスチール棚から『ぼくは王さま』を手に取り借りた。この本を選んだ理由は、背表紙のタイトルのレタリングが他の本と違っていて目を惹いたからだった。(このタイトルのレタリングは第2話の「しゃぼんだまのくびかざり」をイメージしたものだと思われる。)

どこの おうちにも
こんな 王さま
ひとり いるんですって

そんな前書きからはじまるこの本には「ぞうのたまごのたまごやき」「しゃぼんだまのくびかざり」「ウソとホントの宝石ばこ」「サーカスにはいった王さま」という4つのお話が収録されている。

主人公はたまごやきが大好きな王さまである。王さまはぞうのたまごのたまごやきが食べたいとか、しゃぼんだまの首飾りが欲しいとか、突飛なことを言っては大臣たちを振り回している。それに大変嘘つきだし、注射が嫌だからといってお城から逃げたしたりしてしまう臆病者でもある。子供の頃の私は、漠然と「だめな王だなあ」と思いつつも、やっぱり王さまがすきだった。

王さまは、しゃぼんだま首飾りを手に入れるために汗水垂らして畑を耕す真面目なところがあるし、一生懸命作ったしゃぼんだまのくびかざりを国民に配ってあげたりする優しさをもっている。嘘つきを見破る箱を使って、攻めてきたとなりの国の王様を退ける知恵をもっているし、無一文でお城を逃げ出した時にくすりを出してくれたくすり屋に、日銭を稼いでお金を払う義理堅さもある。

ダメな王様だが、どこか愛嬌があり憎めない。傲慢で自分勝手で無知だが、経験や学びによって、少しずつ成長していく。実に人間らしいと思う。おべっかを使う大臣も、適当な嘘でごまかす学者も、相手によって態度を変えるくすり屋も、私たちの周りでもよく見かけるタイプの人物ばかりだ。

欺瞞に満ちていると失望しつつも、時折垣間見える温かみや思いやりに救われ、やはり愛さずにはいられない…。王さまの国は、私たちの社会そのものなのかもしれない。

ピアノ発表会(6年)

昨日は小学校最後のピアノの発表会だった。今年も友達と連弾にチャレンジ。選んだ曲は「前前前世」だ。二人の息もぴったりで、最高の演奏ができた。小さい時から兄弟のように仲良く過ごしてきた男の子。思春期に入ると周囲の目もあり、今までのような付き合いはしにくくなるかもしれないが、幼馴染として良い関係を保っていってくれればと思う。

個人曲は「トルコ行進曲」と東方Projectの「平安のエイリアン」を演奏。去年はベートーベンの「トルコ行進曲」で、今年はモーツアルトの「トルコ行進曲」。良く知っているクラッシックで、ななちのレベルで弾けるもの…と選んだ結果、二年連続でトルコ行進曲となってしまった。同じテーマでも作曲家が違うとこんなに雰囲気が違うんだねとか、どっちもマーチって感じはしないよね、というような話をした。

「平安のエイリアン」は、ななちが自分で弾きたいと選んだ曲だ。ゲームの音楽なので、早い上に音の移動も多くて難しい曲だったが、一生懸命練習していた。

どちらの曲も完璧な仕上がりとは言えなかったが、精一杯演奏したことは伝わった。ななちなりによく頑張ったと思う。

ピアノ上達のためには、うまく弾けない部分を何十回も繰り返し練習するというストイックな姿勢が必要だが、ななちはそれが苦手だった。できないところはさらっとごまかし、流しの練習ばかりする。ふんわり曲として仕上がっていれば満足するタイプなのだ。

作曲家の意思を尊重し、きっちり弾きたい派の私としてはその点が非常に不満で、自宅練習ではできないところを何度も練習するよう指導してきたが、あまり身にはつかなかった。むしろ「ママができることだとダメ出しが厳しいから中学で吹奏楽部に入ってもトランペットとホルンはやらない」と言い出すなど、よくない方向に転がっていったので、今回の発表会を最後に、色々口出しするのをやめようと思った。来年以降、ピアノを続けるかどうかもななちの判断に任せる。

これから先の部活動等の中で、上達のためには面白くない地道な練習が必要になるということに気づくかもしれないし、あるいはそうした努力をせずにうまいこと切り抜けていく術を身につけていくかもしれない。好きなことには一生懸命に取り組む性格なのは確かなので、やりたい事を見つけて、自分のスタイルでそれを磨いていってくれればと思う。

神宮前ギャラリーサイト更新

神宮前ギャラリーに11月、12月のイベント情報を追加。

秋草 愛 作品展『北のいきもの』
開催期間:2018年11月30日(金)〜 12月4日(火)

ほっきょくぐま、アザラシ、ラッコ、エトピリカなど「北のほうに住むいきもの」の立体作品展。
カレンダーや来年の干支、いのししの置き物もあるそうです。

秋草 愛 作品展『北のいきもの』


nacoo’s world in CHRISTMAS 2018
開催期間:2018年12月8日(土)〜 12月9日(日)

nacco’s FACTORYのテディベア展が開催されます。クリスマスオーナメントで飾られた心温まる空間をお楽しみください。

nacco's FACTORYのテディベア

ハロウィンカレー

今夜はハロウィン…ということで、ななちがYouTubeで見つけたパンプキンカレーを作ってみた。

マッシュカボチャをラップを敷いたボウルに広げ、ピザチーズをまく。

カレールウを流し込む。

ご飯でふたをする。

えいっとひっくり返す。

ボウルを外すとマッシュカボチャのお山ができる。砂場でケーキ作るのと同じ感じ。ノリで目鼻をつければ完成。

チーズとカレーがトロりと出てきて美味。カボチャの甘さでカレーの辛みが和らぐので、小さな子にも良いかも。

マッシュカボチャにはバターナッツという品種を使ってみた。

皮が薄く、硬めでカキみたいな感じ。

名前の割には淡白でさっぱりした味だった。

ハロウィンリースパン

先日、ななちのお友達を招いて毎年恒例のハロウィンパーティーを開催。来年は中学生になるので、親子開催パーティは今年で最後…という訳で、いつものスープ、ミートローフ、クッキーに加えて、ハロウィンカラーのちぎりパンも作ってみた。

<ハロウィンリースパン>

★材料(基本のパン生地)
強力粉:280g
砂糖:大さじ3
塩:小さじ1
スキムミルク:大さじ2
卵:Mサイズ半分(25g)
水:120ml
ドライイースト:小さじ1(2.8g)

今回は4色のパンを作るので、色つけ用に以下のパウダーを使用。

ココア:10〜20g
紫芋パウダー:10〜20g
かぼちゃパウダー:10〜20g

★作り方

1.材料全てをホームベーカリーに入れ、「パン生地」メニューで第一次発酵まですませる。

ベーカリーを使用しない場合は、水をぬるま湯にし、バターと溶き卵と混ぜ、その上に小麦粉→ドライイーストをふりかけ、耳たぶよりちょっと柔らかくなるくらいまで混ぜてこね(10〜15分)、3倍くらいの大きさになるまで第一次発酵させる。(粉っぽい場合はぬるま湯で調整するので、最初にぬるま湯を加える時に少し残しておくとよい。)

2.第一次発行が終わった生地を、打ち粉をした台に乗せ、4等分にし、濡れた布巾をかぶせて15分ほどやすませる。

3.生地を休ませている間に、焼き型にバターを塗っておく。今回はエンゼル型とパウンドケーキ型を使用。

4.ココア、紫芋、かぼちゃのパウダーをそれぞれの生地に加え、色をつけていく。パウダーの量は色味を見ながら調整していく。

5.4色の生地が完成。

6.ぞれぞれの生地を8個(約20g)ずつに分け、丸める。

7.バターを塗った型に丸めて生地を並べる。

8.ラップをかけ50分ほど第二次発酵させる。

9.190度に予熱したオーブンで白パン部分の焼き色を見ながら10分くらい焼いたら、穴を開けたアルミホイルをかぶせる。
アルミホイルをかぶせないと白パン部分が茶色くなってしまう。

10.さらに8分〜10分ほど焼いたら完成。

11.チョコペンなどでかわいくデコレーションする。今回はななち画伯が頑張ってくれた。

ドコモのiPhoneを格安SIMで使う

先月のApple Eventで新型iPhoneiPhone XS MaxとiPhone XRが発表された。ついにホームボタンが無くなり、全面ディスプレイ&顔認証がデフォルトに。サイズもまたちょっと大きくなったようだ。

Twitterなんかを眺めていると、なんでまた大きくなってるんだとか、SEの後継機を出して欲しかったという声を見かけるが、Appleはアメリカの会社だからそれは難しいのではないかと思う。

欧米人は日本人よりもずっと手が大きい。手が大きいので指も太い。だから日本では人気の高かったSEは、アメリカでは「小さくて操作時づらい!」とかなり低評価であった。だから腕にはめて通話やメッセージが使える小型端末としてWatchが誕生した。

そしてiPhoneは電話というよりも、写真や映像を楽しむための端末として進化させていくのではないかなと思う。だからどんどん大きくなっているのだろうし、iPad miniの後継も出ていないのだと思う。

そんな訳で…このタイミングでiPhone6sからiPhone8へと乗り換えをした。(やっぱりXは大きいんだもん。)そして先日バッテリーを交換して現役復帰した6sは、春から中学生となるななちの携帯として使用することに。

とりあえずネットとLINEができればよいから、Docomoではなく格安SIMでいいかなと調べたところ、ドコモ回線のiPhoneに対応したnanoSIMを取り扱っているBIGLOBEモバイルが、キャンペーンを開催していた。

3ギガ分のデータ通信に音声通話とSMSをつけても一月1,600円。それが6ヶ月間1200円引きとなるので、400円で利用できることになる。お試しするにはいい価格だ…ということで申し込んでみることに。

申し込みフォームに必要事項を入力し、身分証明書とあわせて送信すると、自宅にSIMが郵送されてくる。

iPhoneの右側にある穴をピンなどで押し、SIMをセットするためのトレイを引き出す。

トレイにSIMをセットし、トレイを閉じる。

とりあえずこれで電話としては使えるようになった。次にデータ通信を利用するためのAPN設定を行う。APN設定を行っていないと、ネットにつながらないのでメールやSNSを利用することができない。Wi-Fi接続環境下でSafariで、BIGLOBEサイトFAQページ内にある「BIGLOBE APN 設定プロファイル(72KB)」をダウンロードする。

ダウンロード時の際「設定を開きプロファイルを設定しようとしています」とのメッセージが出るので、それを「許可」する。ダウンロードが完了すると、自動的に設定メニューの「プロファイル」が開くので、「インストール」をタップ。

インストールが終わるとプロファイルの詳細が表示されるので、「完了」ボタンをタップする。これでAPN設定は終了。データ通信ができるようになる。

Appストアにある専用アプリBIGLOBEモバイルアプリをインストールすることで、使用データ使用量を管理することができる。

今の所3ギガで全く問題ない。接続状況も悪くない。これで1600円なら私も格安SIMに乗り換えようかな…なんて思ったり。

ダンボールスモーカーで燻製づくり

先週、友達家族と本栖湖にデイキャンプへでかけた。その友達が、ななちのお誕生日にダンボールスモーカー モクモグをプレゼントしてくれていたので、それを使って燻製作りに挑戦。

燻製キットには、網、スモークウッド、スモークウッドの乗せるためのアルミ皿など、燻製に必要なものが一通り入っている。なので食材だけ用意すればよい。

組み立ても簡単。説明書きを見ながらななちが友達と二人で組み立ててくれた。

デコシールを貼って完成。なんかシュールな感じ…。

スモークウッドの横面に火をつけ、煙が出てきたらダンボールの底に置き、網を乗せ、材料を並べる。
今回チャレンジするのは、砂肝、うずらの卵、そしてタコ。

燻製する食材の下準備などは、『THE男前 燻製レシピ77』を参考にした。

煙が出ているのを確認したら、下の窓を少し開けた状態で蓋(屋根)をしめ、煙突から煙が出てくるようにする。

もくもく燻すこと一時間半…。

素材に煙の香りがついたら完成。うずらとタコはそのまま、砂肝は念のため軽く炙ってからいただいた。

シンプルなキットだが、しっかりと燻製になっていた。ダンボールだけど有能なやつだった。

スモーク本もわかりやすかった。今度はスモークチキンに挑戦して見たいと思う。

ショウゲンジの保存法

秋も深まりきのこのおいしい季節になってきました…ということで、先日露店でショウゲンジを見つけたので買ってきた。

ショウゲンジはキノコ狩りなどで人気のあるきのこ。クセのない食べやすい味なので、和風でも洋風でもおいしくいただける。

保存する時は水煮にしてから小分けにして冷凍がおすすめ。

1.たっぷりの水に鷹の爪を入れ、一時間ほどおく。これで中にいる虫などを退治することができるらしい。

2.石突き部分をカットし、表面の泥&汚れなどを落とす。

3.食べやすい大きさにカットする。

4.ダシまたはスープで灰汁をとりながら煮る。たくさんあったので今回は両バージョン作ってみた。

昆布と鰹のダシで煮たものは、お吸い物やお味噌汁に最適。

洋風&中華風のスープに使いたい場合はコンソメなどで煮るとよい。今回はダシダで煮てみた。

5.冷凍可能なジップロックなどに汁ごと入れ、1回分ずつ冷凍する。わが家では、ななちの離乳食を冷凍していた小分けパックを愛用。
使うときは凍った汁ごと使うと、キノコのだしがでて美味しい。

ダシダで煮たものは、中華スープはもちろん、キノコのホワイトシチューに入れても美味しかった。

おうちで糸飴を作る

新宿の京王デパートに期間限定で「生チョコパイ専門店」がオープンしている。あのロッテのチョコパイの高級バージョンである。

一つずつボックスに入った完全小包装。お値段一つ540円と強気価格。

この生チョコパイを買うと、鎧塚俊彦さん監修「おうちで簡単!ひと手間で本格デコレーション」というリーフレットがついてくる。さらにチョコパイを美味しく、お洒落にいただくためのデコレーションレシピである。

簡単ならやってみようかな…と読んで見ると「乾燥リンゴを作る」とか「糸飴を作って完成」とか「それって簡単&ひと手間なの?」と思うようなことがサラッと書いてある。

でも確かにこんなデコレーションがおうちでできたら素敵よね…ということで、鎧塚さんを信じて糸飴作りに挑戦してみた。

<糸飴>

★材料
砂糖:大さじ5
水:大さじ5

★作り方

1.鍋に水と砂糖を入れ、砂糖を溶かしていく。

2.黄色くとろみが出てくるまで煮詰めていく。火が強すぎると一気にカラメル化してしまう。しかし火が弱すぎると、今度は水だけ蒸発して結晶化した砂糖になってしまうので、中火で色を見ながら煮詰めていく。

3.粘りが出て糸を引くくらいになったら、フォークまたは菜箸などで飴を救い、クッキングシートの上に網目状になるように垂らしていく。火から下ろすと一気に硬くなってくるので、ここは時間との勝負。

4.冷やして固める。長時間冷蔵庫に入れてしまうと湿気た感じになるので注意。

生チョコパイにのっけると、一気に高級デザート化する。正直言うと「簡単」でも「ひと手間」でもなかったが、達成感だけは半端なかった。糸飴の味もよかった。ポイントは砂糖を黄金色に溶かす時の火加減かな。

黄金の糸飴をまとい、高級デザートへと進化を遂げた生チョコパイはとっても美味だった。ちなみにこれはコーヒー味のアマンドール。

鹿展Vol.3へ

神宮前ギャラリーで開催している鹿展Vol.3へ行ってきた。

3回目となる鹿展。秋の開催は初めて。今回もテイストの異なる作家さんのバリエーション豊かな鹿作品が集まった。

秋草愛さんの鹿の立体作品。小鳥とおすましポーズの鹿がとてもキュート。

秋草愛鹿展Vol.3作品

クウェート出身のブドル・クマ・アフマドさんの鹿。独特な色使いで描かれた可愛い寝顔に癒される。

イワサキレイさんの刺繍の鹿。色々な糸や素材を使って表現された質感に注目。

イワサキレイ鹿展Vol.3作品

岡崎妙子さんのクレヨン画の鹿。鮮やかな色で描かれた鹿や動物に強烈な生命エネルギーを感じる。

岡崎妙子鹿展Vol.3作品

永松英紀さんの鹿革製品。手に馴染む柔らかい質感が魅力。トレーナー、Tシャツなども取り扱っている。

永松英紀鹿展Vol.3作品

西尾さつきさんの日本画の鹿。雪をかぶった毛皮の質感がとてもリアル。この秋は天気が悪いため膠の乾きが悪くて制作が大変だったとか。優しい表情でこちらを見つめている。

西尾さつき鹿展Vol.3作品

吉野剛広さんの鹿。複雑に織り交ぜられた色彩の中に白く浮かび上がる鹿に神々しさを感じた。

吉野剛広鹿展Vol.3作品

絵画とはまた雰囲気の違うちょっととぼけた表情の立体作品も。

鹿展では、作品展示だけでなく販売も行っている。秋草さんの布を買ってきたので、夫に秋用のクッションを作ってもらおう。

鹿展Vol.3物販

鹿展Vol.3は9日火曜日まで。

鹿展Vol.3

鹿展Vol.3 Creators List