庭仕事

実家がお花屋さんのお友達から、パンジーとビオラをいただいたので、久しぶりに庭仕事に励んだ。わが家の庭は、父と一緒に造ってきたようなものなので、そこかしこに父との思い出が溢れている。そのため庭に出るたびに悲しい気持ちになってしまい、この半年はほとんど放置状態だった。

しかもちょうど春の植え付けの時期に亡くなったこともあり、この夏はセージとモッコウバラ・ミニバラ以外に全く花がなかった。わが家に遊びに来て、庭に花が咲いてないとすぐに買いに出かけた父だから、こんな有様を見たら嘆くだろうなと思いつつも、なかなかやる気にならなかった。

しかし、いただいた沢山のお花のおかげでやる気スイッチが入った。1時間ほどかけて全ての花の植え付けと、追肥・草引きを行うと、久しぶりにちょっと華やかな庭になった。花が元気に咲いているだけで明るい気持ちになる。それに、一人黙々と庭仕事をして過ごす時間も好きだったなということも思い出せた。