海辺の生き物ウォッチング

今日は、博物館主催の「海の生き物観察会」と言うイベントに参加してきた。真鶴岬の岩場で、海辺に住んでいる生き物を捕まえて観察すると言うものだ。午前中は親子で協力して、海辺の生き物を採取する。

海辺には、ウミウシやアメフラシなんかもいた。ななちは「かわいい〜。ぷるぷるで気持ちいい〜。」とえらくお気に入りだったが、私には理解不能。アメフラシは、貝の一種である。殻は、退化して体内にあるとか。簡単に言うと貝の中身だけっていうイメージ。

採取した生物は、みんなで集めて分類する。最後に学芸員さんが、分類した生物の特徴や生態などを説明してくれた。ウミウシなんか、私から見れば、みんな黒くて長いだけで、ほとんど違いなどわからないのだが、学芸員さんは一瞬見ただけで判別してスラスラと名前を教えてくれた。流石プロ…。

観察した生物は海にリリース。自宅では、潮の満ち引きを再現できないから、持って帰って飼っても長くは生きられない。だから逃がしてあげようね…という学芸員さんの説明に、子供達も納得し、笑顔で逃がしてあげていたのが印象的だった。大人の私も学ぶことの多かった、楽しい観察会だった。