おすすめ絵本:『トリケラタンクのタイムマシンめいろ』(小峰書店)



雨の日の休み時間は何をしているの?と聞くと、図書館に行って本を読んでいるという。「うちにあるトリケラトプスの迷路のね、お話の絵本シリーズがあるから、それ全部読もうと思ってるの。」とななち。
『トリケラタンクのタイムマシン迷路』は、ななちお気に入りの迷路絵本だ。幼稚園の時、園から配布された夏の絵本のパンフレットの中にこの絵本を見つけた。恐竜と迷路。どちらもななちが大好きな要素が入っていたので一目見るなり「これが欲しい!」とお願いされて購入したものだ。

ストーリーは、男の子がトリケラトプスに似たタイムマシン「トリケラタンク」に乗って、トリケラトプスのいる白亜紀まで旅をする、というもの。ページごとに白亜紀、デボン紀、石炭紀、ペルム紀、三畳紀、ジュラ紀、そして白亜紀と時代が進んでいき、迷路をクリアしながら進んでいくというゲームブック的な絵本だ。各ページ下には絵探しクイズもついている。

幼児向けにも関わらず時代考証は正確だし、恐竜だけでなく「ギガントスコルピオ(巨大サソリ)」だとか「プロトファスマ(巨大ゴキブリ!!)」、「アーケロン(亀的なもの…)」等、その時代に生きていた色々な古生物が生き生きとリアルに描かれている。皮膚の質感まで細かく描き込まれた恐竜と、漫画っぽいラフなタッチで書かれた男の子とネコのギャップが面白い。(どちらに重きが置かれているかがよくわかる。)

迷路は時代が進むごとに難易度が上がっていき、最後の迷路はかなり複雑だ。幼稚園児には少し難しいかもしれないと思ったが、子供というのは好きなもの、興味があることには頑張るもので、めげずに何度も挑戦していた。
それにしても、「コエルロサウラブス」だとか「エオゾストロドン」だとか、恐竜の名前は音に出して読もうとするととても難しい。(しかも全く聞いたことのない名前ばかり…。)
ちなみに、ななちが学校で見つけたのは同作者の『たたかう恐竜たち』というシリーズだ。全部で12巻あるらしい。