おすすめ絵本:『おせちのおしょうがつ』(世界文化社)



おせち料理が重箱の車に乗って、鏡餅の家に遊びにいく物語。途中で昆布巻きやきんとんを乗せながら、おせちの由来を紹介していく。おそらく子供には分かりにくいだろうという理由でごまめ(豊作)やごぼう(根気)、伊達巻(文化・学問)の謂れが割愛されているのは残念だ。ストーリーも後半はあまりおせち料理と関係のない冒険劇になってしまい、「おせち料理の由来を教えたい」と思って買った大人からするとイマイチ感がある。

しかし、子供はまた違った目線で絵本を見る。まず、布やフェルトで作られたおせち料理がとてもかわいいと喜び、「きん、きん、ぴらぴら。きん、ぴらら。」という歌や、お屠蘇が「おっと、そーっと」やってくるという言葉の音遊びに楽しさを感じるようだ。そんな訳で、この絵本はななちからのおすすめ絵本だ。

さて、これからうちもおせち作りにとりかかるとしよう。