9-10ヶ月検診

今日は9-10ヶ月検診のために、かかりつけの病院へ。
注射にインフルエンザの検査と嫌な記憶ばかりがあるためか、病院に入ったとたん警戒するような表情に。暴れ回りなかなか検温させてくれない。

なんとか検温し、身体測定へ。体重は7.8キロ、慎重は68センチになった。毎日見ているとわかりにくいが、着実に大きくなっているのだなあ。

身体測定を終えて診察へ。診察室に入り、「お願いしまーす♪」と悪代官顔の先生(でもすごく良い先生)の前に座ったとたん、

「この人いやああああああ!」

と火のついたように泣き出した。
完全に先生の顔を覚えているようだ。

「はっはっは。この前の検査(鼻に綿棒突っ込む)で完全に嫌われたかな。」といいながらも余裕の悪代官先生。泣きわめくななちに構わず診察を続ける。さすがだ。

全く問題なく、健康優良児だとのことでホッとする。
診察室を出ても泣き止まないななち。

今日は注射はなかったでしょ?なんにも痛い事なかったじゃない、と言っても全く聞く耳もたず。(笑)かなりお怒りのご様子だ。
必死でなだめながら病院の外に出ると、「ふー。全くもう。」と泣き止み、数分後には「お散歩~♪」とご機嫌モードへ。
切り替えが早い事はいいことだ。

それにしても、回数を重ねるごとに病院嫌いが激しくなる。次回一歳になった時のMRだが…その時までに先生の顔忘れてくれないかなあ。