鍋パウンド祭り

今日は友人を招いて鍋パウンド祭り(鍋とパウンドケーキを食す会)をひらいた。

鍋は春雨と肉団子のピリ辛鍋。ニンニク、ネギ、ショウガのみじん切りをトウバージャンで炒め、そこに鶏ガラスープを入れる。肉団子、ネギ、白菜、チンゲンサイ、しめじを投入し、煮えてきたら戻した春雨を投入。中華風の鍋だがなかなか美味であった。

デザートは私がチョコレートパウンド、夫がフルーツミックスパウンドケーキを焼いた。親戚から大量にいただいたりんごがあったので、アップルパイもおまけに焼いてみた。

結構な量だなあと思ったが、甘党が6人もそろうとあっという間にきれいに消費された。

女同士で集まるとおしゃべりをしながら食べるため、気がつくと結構な量食べていたりする。それでいて、満腹で苦しい、ということがないのだから不思議だ。おしゃべりをすることで消化&燃焼しているせいなのだろうか。それともおしゃべりに夢中なため、満腹中枢が麻痺してしまうせいなのだろうか。

何はともあれ、やはり大勢でわいわいと食事をするのは楽しいものだ。