仰向け前進

変な夢をみた。
ななちが壁に向かってはいはいをしていた。

行き止まりになっていることがわからないのか、何度も壁に頭をごつんごつんとぶつけている。
なにやってるの〜?!と慌てて駆け寄ったところで目が覚めた。あー変な夢見たなあ…と毛布をかぶり直して寝ようとした時。すぐ横から夢の中で聞いたごつん、ごつんという音が聞こえる。

「え?!」と飛び起きて横を見ると、ベビーベッドの中でななちがベッドの柵に頭をごつんごつんとぶつけている。どうやら足とお尻を使って仰向けのまま前進しベッドの柵のところまで来てしまったらしい。

柵の間から小さな手を伸ばしてばたばたとしている。隣のベッドに寝ている私を起こそうとしたのだろうか?
覗き込むと「おはよう!朝だよ〜。」という感じににっこり微笑んだ。実に清々しそうな顔だ。

泣かずにご機嫌に起きるのはいいけれど、体はって起こすのはどうかと思うぞ、ななち。