お米が張り付くご飯茶碗

母のご飯茶碗には、いつもお米粒がはりついて残っている。
なのでいつも食後、茶碗にお茶を入れ、はりついたお米を取りながらお茶を飲む。
昔からの見慣れた光景で、今まで不思議ともなんとも思っていなかった。
しかし、今日、あることに気がついた。
私のご飯茶碗にはいつも一粒のお米もはりついていない。
食べ方の違いのせいなのだろうか。
なんとなく気になったので父が帰宅し、食事している時に父の茶碗を観察してみた。
母の茶碗と揃いになっている父の茶碗にも、たくさんのお米がはりついている。
…もしかして、茶碗のせいなのか?
どうでもよいことなのだが、気になり始めてしまった。
なので、試しに私の茶碗と揃いの弟の茶碗にご飯をついで、父に食べてもらった。
すると、不思議なことに一粒のお米もはりつかない。
これは!と思い、今度は私が父の茶碗を使っていつものようにご飯を食べてみた。
笑ってしまうくらいお米粒が茶碗にはりつき、残ってしまう。
やはり、茶碗のせいなのか??
こうなったら徹底的に試してみようと、家にある色々な種類の客用茶碗にご飯をついでみた。
そして皆で食べてみたが、なんと誰が食べても一粒のお米もはりつかない。
やはり、茶碗のせいだったのだ。
父と母の使っている夫婦茶碗だけが、お米粒がはりつきやすい性質も持っているらしい。
焼くときに使った釉薬のせいなのだろうか?
どうでもよいことだが新しい発見だった。
これから茶碗を買う時には気をつけよう…といってもどう気をつければよいのか。
まさか、ご飯をついで確かめるわけにもいかないし…。