『四畳半神話大系』(太田出版)

今年最初の書評は森見登美彦氏の『四畳半神話大系』。15年ほど前に読んで以来、独特の…というかかなりクセの強い森見登美彦氏の世界にハマった。彼の作品は文豪の名作文学を彷彿とさせる古風な文体で大真面目にふざけているところに魅力がある。

『四畳半神話大系』は「四畳半恋ノ邪魔者」「四畳半自虐的代理代理戦争」「四畳半の甘い生活」「八十日間四畳半一周」の四篇から成る短編集で、それぞれ独立したストーリーとして楽しむことができる。でも最初は順番通りに読むことをおすすめしたい。

主人公は薔薇色のキャンパスライフを送り損ねたことを悔やむ大学3回生の「私」。こうなったのは全て悪友「小津」のせいと恨みがましく思いつつも、腐れ縁を切ることができずにいる。もし1回生の時に別のサークルを選んでいればと自分の過去の選択を後悔する「私」であったが…。

登場人物がそれぞれ強烈な個性的をもっており、ストーリー展開も突飛でまるでドタバタ喜劇を見ているようだ。全編通してコミカルでふざけた話なのだが、時折ハッとさせられる部分もある。

例えば「四畳半自虐的代理代理戦争」で描かれている「樋口師匠」と「城ヶ崎氏」との闘いは、実は誰が何のために始めたのかも不明なのに代々引き継がれているものだと判明する。実社会にもこのように意味もなく脈々と受け継がれている不毛な対立は数多くある。

また最後の「八十日間四畳半一周」に描かれている80日に渡る孤独な行軍は、人が生きる姿そのもののように思える。足掻いてみたり、無気力に陥ったり、ヤケになったり、思い出に耽ってみたり…。そして四畳半の部屋が自らの選択によって生じた並行世界であると気がついた時「私」はその無限性を理解する。

毎日生きていく中で私達は様々な選択をしている。時にはほんの些細な選択の違いによって大きく運命が変わることもある。物事がうまくいかなかった時は「あっちを選べばよかった」「ああすればよかった」と後悔してしまうことも多い。そんな時はつい過去の自分を責めてしまいがちだが「とりあえず大目に見てやるにやぶさかではない。」と広い心で受け入れるようになれたらと思う。

5週間

マロンが亡くなって5週間が過ぎた。あまりにも突然であっけなかったため、まだ気持ちの整理がついていない。

亡くなった直後はひたすら泣いてばかりいたが、お焚き上げした後、情報共有しなくてはという使命感のようなものを感じ、飼育ブログに亡くなるまでの経緯を書いた。増えてきたとは言えまだまだ飼育事例の少ないハリネズミ。いつか誰かの参考になればと思って書いたつもりだが、読み返してみるとさほど有効な情報はなく、ただ自分の気持ちを吐き出しているだけの駄文だった。

記事を書くことにより少しは気持ちの整理がつくかなと思ったが、そんなことはなく、飼育道具の片付けや祭壇の設置などマロンに関する諸々のことが済んだ後、無気力状態に陥ってしまった。本を読むとか、庭いじりをするとか、お菓子を作るとか、今まで好きだったことに全く関心を持てなくなった。

こんなことは初めてで、自分は一体どうなってしまったのかと不安になったが、これは抑鬱状態であること、抑鬱状態になるのは悲しみのプロセスの一つであることなどを夫が冷静に説明してくれたので、そういうものかと受け入れ、時間が解決してくれるのを待った。

そんな訳でこの1ヶ月はコーヒーを向精神薬代わりにして仕事と家事をこなし、アイリッシュコーヒーとジンコークを睡眠導入剤代りにして寝るという生活を送っていた。不健康だが、カフェインとアルコールの力のおかげで規則正しい生活を維持することができ、結果的に寝込むような状態にまでには陥らずに回復できたのだと思う。(でもあまりオススメはしない。)

割とメンタルは強い方だと自負していたので、こんなに落ち込むものかと自分でもびっくりしてしまったが、それだけマロンの存在が大きかったということなのだろう。

犬や猫と比べると、ハリネズミはそれほど人と密接に触れ合う動物ではない。でもその分、常に気配を感じんがら生活していた。ハウスと針が擦れる音、砂を踏む音、カリカリという咀嚼音、水を飲む音、毎日いろんな音に聞き耳を立てながらマロンの様子を見守っていた。そうした音や気配を全く感じなくなってしまったことが、とても寂しく悲しい。

神宮前ギャラリー更新

神宮前ギャラリーサイトに3月のイベント情報を追加しました。

ミツキのスケッチブック Vol.7〜ドングリとおともだち〜

開催期間:こちらの展示は延期となりました。

ドングリのトリコになった女の子、中西美月(ミツキ)さんの個展です。自身7度目となる個展では、春の絵を中心に展示し、神宮前ギャラリーに一足早い春を呼び込みます。

ミツキのスケッチブック Vol.7

神宮前ギャラリー更新

神宮前ギャラリーサイトに2月のイベント情報を追加しました。

非・美術系の学生展

開催期間:2019年2月20日(木)〜25日(火)

学業の傍ら絵を描いている薬学部・文学部・工学部の学生3名による合同展。日本画・イラスト・色鉛筆画を中心に大小20点以上の作品が展示されます。

非・美術系の学生展

神宮前ギャラリー更新

神宮前ギャラリーサイトに2月のイベント情報を追加しました。

シロイユメ

開催期間:2019年2月15日(土)〜16日(日)

今年で3回目となる東京工科大学美術同好会3年グループ展です。「当たり前に囚われすぎない自由な発想を大切にした」それぞれの特別な視点をお楽しみください。

謹賀新年2020

明けましておめでとうございます。

昨年ななちが中学生になったタイミングで「子育て」カテゴリを閉じ、その分「書評」カテゴリを増やしてみました。

濫読系なのでレビューする本にも統一性はありませんが、これからもマイペースに書き綴っていこうと思っていますので、よろしくお願いいたします。

この年末年始は実家で過ごした。おせちを30日までに作らなくてはならなかったので忙しかったが、その分、大晦日とお正月はのんびり過ごすことができた。田作はななち作。年々上手になっている。

クリスマスケーキ2019

今年のクリスマスはお家パーティーが少なかったのでケーキ作りも楽だった。

家族にはブッシュドノエルを作った。生クリームがあまり好きではないななちだが、最近チョコレートクリームのケーキは好んで食べるようになったのでチョコレートでデコレーション。

義実家はケーキは用意してくれるとの事だったのでミートパイをお土産にした。子供達にも好評。

母にはシュトレン。今回はキットを使わず挑戦。第一次発酵までホームベーカリーでできるので思ったより楽だった。

『笑うな』(新潮文庫)

今年最後の書評は筒井康隆氏の『笑うな』。タイトルになっている「笑うな」をはじめとする34篇のショート・ショートが綴じられている。

筒井康隆氏と言えば映画化された『時をかける少女』が有名だが、そのイメージでこの短編集を読むと少しびっくりするかもしれない。ブラック・ユーモアのブラック度合いが濃いのである。以前紹介した星新一氏のショートショートの世界をより世俗的にして、エログロ要素を追加した感じだ。なので、好き嫌いは分かれると思う。

もちろん、全てがブラック・ユーモアという訳ではない。34篇のショート・ショートはバラエティに富んでおり、「最初の混線」のように最後のオチでくすりと笑える落語のようなものもあれば、「駝鳥」のように寓話的なものもある。「座敷ぼっこ」はロマンティックなファンタジーで、読後感も良い。

一方でブラックな話はかなり意地が悪い。「傷ついたのは誰の心」や「廃墟」、「べムたちの消えた夜」などはユーモアを感じられないくらいにブラックすぎて、なんとも言えない読後感が残る。

このなんとも言えない読後感の正体はなんだろうと考えながら繰り返し読んだ。そして、これは見て見ぬふりをしている人間の残酷で醜い部分を見せつけられたことによる戸惑いなのではないかという結論に達した。

「正義」に出てくる「彼」のような人はTwitterでよく見かけるし、「チョウ」で記録されている現象は、芸能人の不倫報道で盛り上がるワイドショーやTwitterの炎上騒動を彷彿とさせる。これらのショート・ショートは全てフィクションであるが、現実社会の表象でもあるのではないだろうか。筒井康隆氏はこれらのショート・ショートを通し、不条理で自分勝手な人間や社会を皮肉っているのだと思う。

色々なものへの配慮が求められるようになり、小説や漫画、アニメの表現規制も厳しくなった現代においては、筒井康隆氏のような(良い意味で)ぶっ飛んだ作家はもう現れないのかもしれない。時代の流れだと思うので、それが悪いことだとは言わない。ただ、世の中の作品が配慮されたお行儀の良いものばかりになったとして、人間社会がそれを反映したような差別のない愛と優しさにあふれた平和なものになるかどうかは甚だ疑問だ。

今年からスタートした書評シリーズ。ななちの習い事を待っている間にカフェで読んだ本について徒然と書いてきた。今日で今年の習い事は終わりなので、しばらく読書はお預けとなるため、書評もしばしお休み…。

ふちねこ

今月はキャンペーンしていたふちねこが欲しくて毎週veloceに通った。一番欲しかったチビサンタ猫が一発で当たり嬉しい。

RYO universalリニューアル

小田原駅前のレストランRYO universalのウェブサイトをリニューアル。利酒師の資格を持つ支配人が料理に合わせておすすめの日本酒を提案する【酒BAR】スタイルでの営業をスタートしました。

RYO universal

注目は開成町の酒蔵、瀬戸酒造とのコラボ企画である【日本酒ペアリング会席】。先付やお造り、焼物、寿司など、それぞれの料理に合わせて日本酒を楽しむことができる。酒蒸しやデザートにも瀬戸酒造の日本酒を使うこだわりようで、日本酒好きにはたまらない会席となっている。

小田原方面にお越しの際はぜひお立ち寄りを。

marshipさん個展へ

神宮前ギャラリーで開催しているmarshipさんの個展「星の降る森」へ行ってきた。

marshipさんはイベント出展は頻繁に行なっているが、個展という形での展示販売は今回が初めてとのこと。ギャラリー空間全体でmarshipさんの世界を表現されていてとても素敵だった。

marshipさんの作品の魅力は造形の細かさと世界観だ。作品一つ一つにストーリーがあり、動物への深い愛を感じる。例えばこのベタのピアスは、耳につけると泡をイメージしたブルートパーズの周りをベタがヒラヒラ泳ぐように作られている。

陽気なスマイルを浮かべたハシビロコウのリング。このゴツさと存在感、男性がつけても素敵だと思う。

立ち姿のペンダントも、ハシビロコウの特徴である直立不動感があふれている。

他ではあまり見られない爬虫類や昆虫をモチーフにしたアクセサリーがあるのも魅力だ。

また、今回は個展と言うことで石のセレクトオーダー会も開催。

自分で好きな石を選んでそれをピアスやリングなど好きなアイテムに仕上げてもらう事ができる。

使用する石はデンドリッククォーツ。金属成分が水晶に溶け込こんでいて植物入りの琥珀のような模様を持つ。

自然のものであるため、同じ模様のデンドリッククォーツはない。どれもが世界でたった一つだけの模様だ。

自分へのクリスマスプレゼントとして、新規にぶら下がりポーズのハリちゃんをお迎え。

誕生日にプレゼントしてもらった燻銀ハリちゃんと比べるとサイズも重量もアップ。冬のニットにちょうどいいサイズだ。

このフォルムとリアルなハリ感、実物を見たりされているのですかとmarshipさんにお伺いしたところ、ハリカフェや動物園などで実際に見て、触れ合って作品の造形イメージを作っているとのこと。ヤンバルクイナを作成する時には沖縄まで実物を見にいったのだとか。(すごい!)作家さんにお会いして色々お話を聞けるのも個展ならでは。

marshipさんの作品展は明日まで。ここでは紹介しきれないくらい、魅力的な作品がたくさんあるのでお見逃しなく。来場者プレゼントのクロスもとても素敵。

marship個展「星の降る森」