絵本レビューとWwbと…

バターナッツかぼちゃのグラタン

バターナッツのグラタン

夫がまた農協から変わった野菜を買ってきた。バターナッツというかぼちゃである。

これは前に友達からもらって食べたことがあるので食べ方は知っている。このかぼちゃの果肉は加熱するとねっとりとした感じになるので煮物よりもポタージュやサラダにするのがおすすめ。今回はこのかぼちゃの形と粘性を活かし、実をくりぬいた皮を容器にしたグラタンを作る。

<バターナッツのグラタン>

★材料

  1. バターナッツかぼちゃ:1個
  2. 玉ねぎ:小1個
  3. ベーコンブロック:50g
  4. きのこ:30g
  5. バター:大さじ1
  6. 小麦粉:大さじ1
  7. 牛乳:180ml
  8. 塩・こしょう:適量

★作り方

1.かぼちゃを縦方向に半分に切る。硬すぎて包丁が入らない場合はレンジなどで少し加熱するとよい。

2.タネの部分をスプーンでくり抜く。

3.ラップをかけ、実をスプーンでくりぬけるくらいまで加熱をする。この大きさで500wで7〜8分。(大きさや熟し具合によって加熱時間を調整してください。)

4.加熱したら実を1センチくらい残す感じでくり抜く。皮のぎりぎりまでくり抜いてしまうと薄くなってふにゃふにゃとしてしまい、容器として使えなくなってしまうので注意。

くり抜いた実はマッシャーでつぶしておく。

5.玉ねぎはみじん切りにしてバターで透明になるまで炒める。

6.ベーコンときのこはみじん切りにしておく。きのこはしめじやマッシュルームなど手元にあるものでOK。

7.炒めた玉ねぎにベーコンときのこを加えて炒め、具材に火が通ったら大さじ1杯の小麦粉をふりかけ、牛乳大さじ3杯を加えて小麦粉をのばす。

8.つぶしたカボチャを加え、牛乳を加えながらのばしていく。

これくらいになったらOK。(牛乳の量は実の量によって調整してください。)最後に塩、胡椒で味を整える。

9.バターナッツの皮に8を流し入れる。

10.とろけるチーズとパン粉をふりかけ、200度のオーブンで15分ほど焼く。

表面に焼き色がついたら完成。

バターナッツかぼちゃのグラタン

かぼちゃに粘性があるので、ホワイトソース作りが苦手な人でも失敗なくグラタンを作ることができる。

ベーコンとチーズの塩見味がかぼちゃの自然な甘さとマッチして美味しい。簡単で美味しく、見栄えもするので、ハロウィンパーティーにもおすすめの一品。

ハロウィンレシピ

  1. おばけ付きチョコカップケーキ
  2. バターナッツのグラタン
  3. ハロウィンホラーサラダ
  4. ハロウィンカレー
  5. ハロウィンリースパン
  6. ゾンビ弁当

農協で見つけた変わり食材

  1. 青パパイヤの食べ方
  2. マコモダケ(真菰筍)の食べ方
  3. トカドヘチマ(十角糸瓜)の食べ方
  4. 幻のフルーツ「ポポー」を食べてみた
  5. 花オクラの食べ方
  6. バターナッツのグラタン
  7. 生芋からこんにゃくを作る
  8. あしながきのこの食べ方
  9. ひしの実の食べ方
  10. 紫芋の葉を食べてみた
  11. 食べる多肉「グラパラリーフ
  12. ベビーきゅうりのピクルス
  13. 皮つきヤングコーンを食べてみた

2020.10.31投稿

最近の投稿

レビュー記事

Work-life

Hobby

Diary