一息つく

今日は久しぶりに静かな午前中を過ごしている。鼓笛隊の強化練習のため、ななちが学校へ行っていていないのである。二人を送り出した後、マロンをお風呂に入れて、のんびりと部屋散歩をさせ、寝床にごそごそと潜り込むのを眺めながら、コーヒーとパンの遅めの朝食…。穏やかで静かな時間にホッとする。

低学年の頃に比べると、ほとんど手がかからなくなったのでずっと楽な夏休みなのだが、3食プラスおやつを大人並みにがっつり食べるようになったため、なんだか一日中ご飯の支度に追われているような気がする。

今朝も夫とななち二人分のお弁当を作ったが、幼稚園の時と比べると圧倒的に量が増え、お弁当箱の隙間を埋めるのが大変だった。4月から毎日こんな生活になるのか…と思うと頭が痛い。お弁当用レシピ増やさなきゃ。