ロングビーチへ

夏休みも後半に突入したと言うのに、全く進んでいる様子のない夏休みの課題。「このままだとこの夏はロングビーチには連れて行くことができないね!」と喝を入れた(脅した)ところ、ようやくななちのやる気スイッチが入り、金・土の二日間で最低限のノルマを達成させた。

二日できるならさっさと片付けろよと思うのだが、ギリギリにならないとやらないのがななちである。面倒な宿題はさっさと終わらせる派だった私とは正反対で、まずは思い切り遊んで、宿題はギリギリで片付けるタイプなのだ。

そんな訳で、なんとか「今週中に読書感想文以外の課題は仕上げる」という約束は果たしたので、ロングビーチに連れて行ってあげた。

トップシーズンに行くのは初めてだったが、地の利を生かして朝イチに到着できたので、パラソル席を確保する事ができた。人は多かったが広さがあるので、完全に芋洗い状態だったよみうりランドの流れるプールと比べると、あまり混み合っている感はなく、のびのびできた。

シンクロナイズドスイミングの真似事をしている時、水の中から出てきたななちの足が思っていた以上に大きかったらしく、夫がびっくりしていた。最近の成長スピードが早すぎて、自分の中にあるななちのサイズ感と実際のサイズの間に乖離が起きているのだろう。

もしかしたら家族でロングビーチも今年あたりが最後になるかもしれない。中学生になれば夏は部活三昧だろうし、プールも友達と行くようになるだろう。水遊び大好き人間としては少し寂しい。