野外宿泊学習(5年生)

昨日・今日の二日間、ななちは野外宿泊学習に参加。キャンプ施設に行き、カレーを作って食べるという学校の宿泊イベントだ。宿泊先は私も子供の頃に泊まったことのある懐かしのキャンプ場なのだが、随分と綺麗になっていてびっくりした。(まあ、そりゃそうだよな…。)

午前中は近隣の森でウォークラリー、午後は木工作で夕飯で使うスプーンを作り、夕方からはカレー作りとキャンドルファイヤーを楽しんだようだ。カレーもご飯も大成功だった!と得意満面のななち。近いうちにその腕前を披露してもらおう。

そして夜は、見回りの先生にバレないよう、声を潜めてダルマさんが転んだ(足音でばれるでしょ!)や怪談(あんまり怖くないもの限定)、恋バナ(風味)なことなどをしたらしい。宿泊行事のお楽しみは、いつの時代も変わらないな…と懐かしい気持ちで話を聞いた。

今回驚いたのは、「無事キャンプ場に着きました!」とか「夕食を食べ終わってこれからキャンドルファイヤーを楽しみます!」とか野外宿泊学習の様子が逐一学校からメールで配信されてくることだ。昔は旅程を見ながら今頃ご飯かな…などと想像するしかなかったのに…なんとも便利な世の中になったものだ。さすがに写真などは添付されていなかったが、そのうちFacebook等のSNSで配信されるようになったりするのかもしれない。

ななちがいない夜は久しぶりだったので、「会社帰りに待ち合わせてご飯でもする?」と夫を誘うと「7時過ぎには会社でられるよ!」と快諾。7時に会社出られるなら毎日もっと早く帰ってきなさいよ!とツッコミたいところだったが、機嫌を損ねて面倒なことになるのも嫌なので黙って飲み込む。

夫婦二人で都内で生活していた頃は、二人で「ちゅーぼーですよ!」を見ては、そこに出て来た美味しそうなレストランへ訪れるということをよくやっていた。その中で特にお気に入りだったのが新宿御苑の「礼華」だ。今回10年ぶりに訪れたが、変わらず美味しかった。

女性は子供を産んだら子供最優先になるが、男性はそうはならないので、その意識差が出産後に夫婦関係が悪くなる原因になっている…という話を聞いたことがある。夫もその傾向が強く、ななちよりも私、家族よりも夫婦の時間を優先したがる。ななちの小さい頃はそのことでよくケンカをし、父親になりきれていないと不満を募らせていた。しかし今から思えば、変わってしまったのは私の方で、夫は昔も今も変わっていない…ということなのかもしれない。