お揃いで

今日は夫が会社のイベントで終日留守だったので、ななちと二人で日帰り温泉にでかけた。「今度の日曜日はママと二人っきりだけど何したい?」と聞いたら「おんせーん!」という答えが返ってきたので満場一致で決まったのだ。

先月遊びに行った時よりも、箱根の紅葉は色づいていた。露天風呂に浸かっている間中、ななちは一週間分の学校の出来事をあれやこれやと面白可笑しく聞かせてくれた。先週は忙しくて、心の余裕もなく、あまりちゃんと話を聞いてやってなかったなあと少し反省しつつ、娘とこうして温泉で色々語り合えるようになったことを嬉しく思った。

ちょっと前までは「次、あっちいこー」とか「熱いからもう出たい」とか言うので、ゆっくりお湯に浸かることができなかったのだが、最近は同じところでまったりとすることができるようになってきたし、サウナも一緒に入れるようになった。あちらこちらにパタパタと移動している小さな子供を見て、「昔はななちもあんな感じでゆっくりできなかったんだよ。」と言うと「えー。そうだっけ?」などととぼけていた。

温泉の施設内で履くための足袋型の靴下が売っていたので、お揃いで買ってみた。同じMサイズ(22〜23)の靴下が履けるようになったんだなあとまたこんなところでも成長を感じてしまった。このペースだとサンダルやブーツを共有する日も遠くないかもしれない。でもこのペースだと、将来的にはななちお下がりもらうようかな…。