学童ライフ終了

今日でななちの学童ライフが終了。最初の頃は「夏休みにまで学校に行くなんて嫌だ〜」とぶうぶう言っていたのだが、通ってみると楽しかったようで、最終日の今日は、なるべく遅くにお迎えに来て欲しいと言われてしまった。

学童のクラスでは、1年から4年生までの子供達が一緒に過ごすので、異学年交流をすることができ、いい経験になった。ななちは、1年生の子の勉強を見てあげたり、一緒に絵を描いてあげたりと、わりとお姉さんキャラとして頑張っていたようだ。昨日が最後だと話したら、1年生の子達に随分惜しまれたようだ。

また、校庭で水風船を投げ合ったり、スイカ割りをしたりと、家ではできないような遊びをすることができたのも楽しかったようだ。幼稚園の時にボランティアで来ていた工作が得意なおじいさんも、時折学童クラスに遊びに来てくれたようで、「久しぶりに会ってまた工作を教えてもらった!」と、とても喜んでいた。

たった一ヶ月だったが、学童ライフがななちにとって充実した楽しい思い出になったようで、一安心。私もななちのお弁当作りから解放されホッとした。(夫のお弁当と違い、絶対忘れることができないというのがわりとプレッシャーだった。)