姪っ子ちゃんの初節句

昨日の夜はななちが作ったお雛様のお寿司でひなまつりをお祝いした。サーモンと鯛の手まり寿司に薄焼き卵をかぶせ、うずらの卵で頭を作った。イメージ通りにできたようで、ななちはご満悦。

そして今日は、姪っ子ちゃんのお家を訪ね、初節句をお祝いした。妹ちゃんが、赤ちゃんでも食べられるようにと、甘さとクリームを控えた可愛いイチゴのムースのケーキを作っており、姪っ子ちゃんは小さなお口をもぐもぐさせながら、嬉しそうにそのムースを食べていた。よほど美味しかったのか、食べるたびに小さな足をピコピコと動かし、喜びを表現していた。そんなかわいい姿にななちも私もデレデレ〜。とりあえず写真を撮りまくる。表情が豊かになり、なんとなく意思表示もするようになってきた8ヶ月頃。ななちもこの頃は、本当に可愛かった記憶がある。

家に帰って、撮った写真を見ながら「これなんか上手に撮れてるね〜。(自画自賛)これも送ってあげて!」と写真を選別するななちの姿は、妹バカのお姉ちゃんぽくて、微笑ましかった。