秋のトレッキング第二弾

秋のトレッキング第二弾は金時山ハイキングコース。乙女峠から金時山を登り、金時神社入り口までの5キロコースである。
登山口までは箱根登山バスで向かう。ななちは早起きとくねくね山道のおかげで少しグロッキー。登山口の茶屋でお団子を食べてちょっと休憩。雑穀入りのふじみだんごは素朴な味わいで美味だった。ななちも元気回復!


元気になったところでいざ登山開始。80分という文字が軟弱女子2名にプレッシャーをかける。

箱根の山は丹沢の山よりも岩や石が多く、道がゴロゴロしている感じだ。箱根の山は火山系だからだろうか。赤い石も多かった。

30分ほどかけて乙女峠を登り切ったところでお弁当。大したお弁当じゃないけれどこういう場所で食べるととても美味しく感じる。

乙女峠からの道は少しアドベンチャーな場所もあったが、それほど高低差はなかったし、何より開けた時に見渡せる眺望が素晴らしかったので50分の登山はそれほどきつくはなかった。途中の長尾山頂にはなぜかトンボがたくさんいてななちは大喜び。手を伸ばしてじっとしていると手に止まったりした。

その後も登り続け、ついに金時山に到着!金時山って静岡県だったのか…。(箱根だとばかり思っていた。)

山頂からの景色。富士山が見えたら文句無しだったのだけど。

ここの山荘は大正時代から営業している歴史あるところらしい。有名人の写真がたくさん飾ってあり、天井には1000回以上登頂した人の名前が飾ってあった。中には3000回以上登頂している人いるとか…。

下りは高低差があり、アドベンチャーな道だった。逆から登ったらかなりハードなコースだと思う。今回は気候にも恵まれたし、景色も良かったのでそれほどバテバテにならずに山歩きを満喫できた。