夏休み作品展

今日は小学校の夏休み作品展にでかけた。子供達が夏休み中に作った工作や自由研究、ポスター、作文等が展示されるのである。2年生になると、社会科見学的なものや理科の実験的なものをやっている子もいて、なかなか見応えがあった。工作も木工細工や裁縫、ギミックがあるもの等、一年生の時とは一段上、という感じだ。

世の中には、宿題代行業者なんてのもあるらしいが、自分の力で頑張って作るからこそ、完成し展示された時の達成感や喜びがあるのだと思う。作品を見て歩いていると、自分の作品はここがすごいんだとか、ここが大変だったんだとか話しかけてくる子供達を見て、そんなことを思った。