初家族キャンプ

この週末は初めての家族キャンプへ挑戦。今まではキャンプ慣れしたアウトドアなお友達と一緒に行っていたので道具も段取りもお任せという感じだったのだが、今回は全て自分達でやらねばならない。キャンプに向けて新たに揃えたものはイワタニのアウトドア用コンロとダッチオーブンと焚き火台。あと、夜の灯り用に「たねほうずき」をもう一つ追加購入。ガスランタンは扱いにくいし子供もいるからなんとなく怖いという軟弱キャンパーの心強い味方だ。

そしてもう一つ、レンタルする予定だったタープが品切れだったためタープを急遽購入。将来的にはテントと揃えてスノピークにしたいよね…と言いつつ予算の都合上今回はお試しだし…とリーズナブルなものを購入したのだが、これが後々大変なことになった。

キャンプ場に到着し、まずは一番設置面積をとるタープを立て始めたのだが…思うようにペグが刺さらない。川沿いにあるキャンプ場であるため、土壌がゴツゴツしており、安物のペグでは強度が足りず、刺さる前に曲がってしまう。普段穏やかな夫が珍しく悪態をつくほどのダメっぷり。天幕はともかく、ペグだけはいいものを使わなければならないということを痛感した。ちなみに、今回1回の使用でこんなに…。付属のプラスチックハンマーもおもちゃかッ!と突っ込みたくなるレベル。(自前のハンマーを持っていたので事なきを得たが。)値段は正直だね…と夫婦で買い替えを決意した。

そんなこんなで時間はかかってしまったが、夫が粘ってくれたのでなんとかタープがたった。昼ごはんはフライパンで手作りナン&前の日に作っておいたキーマカレー&タンドリー風味の焼き鳥とシシカバブでインド的ランチに。

ランチ後はななちの川遊びや虫摂採りに付き合ったり、テントで昼寝をしたりしてのんびり過ごす。夕方からはいよいよダッチオーブン料理に取り掛かる。今回はコストコで買ったブラスペアリブを焼いてみた。鍋にこじゃが、人参、そして友達からもらった北海道産の白いトウモロコシをごろごろっと大胆に並べ、

BBQソースに漬け込んだスペアリブをどーんと乗せて

60分間ほどじっくり焼き上げると…骨がするっと抜けるほど柔らかいスペアリブが出来た。BBQで焼いたのとは全然感じの違う、圧力釜で作った煮豚のような、ドイツのアイスバインのような感じの仕上がりだ。

イワタニのコンロで並行して作っていたトマトリゾットも美味しくできた。事前に庭先で練習した甲斐があったというものだ。

天気にも恵まれたし、料理は美味しく出来たし、初めての家族キャンプは概ね大成功。楽しかったが、ぐったりと疲れたようで、昨日は昼間に帰ってきて以降、ほとんど寝て過ごしていた気がする。これで計画していた夏休みイベントが全て終了。(やっと終わった〜。)