主婦的思考

お米を切らせてしまっているのに気がつき、とりあえず今夜の分用に小さいパックのお米を買ってきて欲しいとななちにお願いした。お使いブームなななちは喜んででかけていった。歩いて5分ほどのところにあるスーパー。いつもは15分程度で帰ってくるはずなのに待てど暮らせど帰ってこない。なにかあったのかと心配になり、様子を見にいったものか、もう少し自宅待機したものかそわそわしていたら、ななちが帰ってきた。真っ赤な顔で5キロのお米を抱えて。

「こんな重たいもの抱えてきたの?大変だったじゃない…小さいのなかったの?」と言うと、「あったけど、小さいのは2キロで1300円するのに、大きいのは5キロで1800円なんだよ。大きい方がお得でしょ?」とななち。いつの間にそんな損得勘定ができるようになったんだか…。子供は知らぬ間に成長するものだ。

それにしても、徒歩5分とはいえ、5キロのお米を抱えて帰ってくるのはさぞかし大変だったに違いない。今日のごはんはななちに感謝して食べなくては。