おすすめ絵本:『おさんぽ おさんぽ』(福音館書店)

今日から梅雨入り。平年より3日早い梅雨入りだとか。この所夏のように暑い日が続いたので恵みの雨ではあるが、室内干し&ナメクジシーズン到来かと思うとちょっと気が重い。
ただ、梅雨の季節、雨上がりに散歩をするのは好きだ。ななちが小さい頃、よく雨上がりに二人で散歩にでかけたものだ。洗い流されたような澄み切った空や水を得て生き生きとした紫陽花を見ると、なんだか元気がでてくるし、ななちもかたつむり探しに夢中だった。

この「おさんぽ おさんぽ」もそんな雨上がりの情景を描いた絵本である。物語の主人公は青い長靴を履いた子供…おそらく男の子であろう。なぜ確定できないのかと言うと、この絵本には子供の膝から下しか描かれていないからだ。全ページ、長靴を履いた子供の足元のみがフォーカスされているのである。そして、この低い視点から捉えた雨上がりの情景と、短くリズミカルな言葉が、この絵本に描かれていない子供の表情を実に豊かに伝えてくれる…魅力的な絵本である。

ありの軍団を見つけて驚いている顔、紫陽花の上にかたつむりを見つけ喜んでいる顔、突然出てきたカエルにびっくりした顔、そして水たまりを見つけた時の嬉しい顔に、夢中バシャバシャしている時のとびきりの笑顔…。ページをめくるたびにころころと変わる子供の表情が、手に取るように伝わってくる。

ななちがお気に入りのページは「もっと もっと バシャ バシャ バシャ」と長靴を脱ぎ捨てて水たまりで遊んでいるページだった。このページを読んでいる時のななちの嬉しそうな顔を見て、きっとこの子供もこんな顔をしているのだろうな、と思ったりした。たっぷんたっぷんになった長靴を履いて帰るというオチもよい。雨が止むのを待ちながら親子で読むのに最適な絵本である。