一年生終了

今日は三学期の終業式。ななちの一年生生活も今日でおしまいだ。ななちは皆勤賞のメダルをもらったとご機嫌で帰ってきた。そう言えば今年は一回も欠席しなかった。昔から元気ではあったが、皆勤賞は初めてだ。

去年の4月の入学式の時は、なんだかランドセルが大きく感じてカタツムリみたいだなあと思っていたのに、背が伸びたせいか、顔立ちがお姉さんぽくなったせいか、それとも見慣れたせいか…いつの間にかすっかり馴染んでしまった。幼稚園から小学校へあがったこの一年間の成長は、随分大きかったように思う。

最初の授業参観ではモジモジちゃんだったのに、三学期の授業参観ではしっかりと手をあげ、みんなの前で発表できるようになったし、友達と自分で遊ぶ約束をすることもできるようになった。家では相変わらずの甘えん坊だが、学校ではだいぶしっかり頑張っている。

「明日からゴロゴロのんびりできる〜!」「朝寝坊と二度寝する〜」と疲れた大人みたいなことを言っているななち。(誰か身近な人が言ってるからこんなことを言うんだろうという突っ込みは禁止。)

4月からはどんな二年生になるのだろう。