おすすめ絵本:『きんぎょが にげた』(福音館書店)



金魚鉢から逃げだした金魚が、部屋のいろいろなところにかくれんぼする。カーテンのもようの中に隠れたり、キャンディやお花に紛れたり…。五味太郎さんのカラフルなイラストがかわいらしい絵さがしの絵本である。「きんぎょがにげた」「どこへにげた」という親の問いかけに対し子供が答えるスタイルは、絵本の読み聞かせのとっかかりとして最適なものだといえる。問いかけに答えようと話に耳を傾ける習慣をつければ、徐々に長いお話や物語も聞くことができるようになるためだ。

2歳ごろのななちの気に入りの絵本で、私の「どこににげた」の問いかけに対し「いた!」と小さな指でさして喜んでいた。最後のページの金魚探しなどは、小さな子供には結構難しいと思うのだが、きちんと見つけることができるのが驚きだった。

ななちは今でも絵さがし系の絵本が大好きで「ミッケ!」や「伝説の迷路」シリーズを愛読している。(全巻制覇しそうな勢いだ。)この「きんぎょがにげた」は、ななちの「絵さがし絵本好き」の原点である。