二歳八ヶ月

初めての花見は二年前。ずっと抱っこで不思議そうに花を眺めていただけだったのに。今年の花見は自分でおにぎりを握り、それをおにぎりケースに詰め、自分のリュックに入れて、自分で歩いて「きれいだね〜」なんて話をしたりしている。桜の中を力一杯走り回る姿を見ると、本当に大きくなったなあと思う。
猛ダッシュされると本気で走らないと捕まえられない。

公園遊びが大好きで、天気がいいと「お散歩いこっか?」と外に出たがる。朝10時から12時までの二時間、たっぷり外で遊ぶ。(こんなに動いているのに私の体重が落ちないのはなぜだろう…。)

工作も大好きだ。特に折り紙を折ってはさみでチョキチョキし、ひらいてお花を作る切り紙が好きだ。今まで絵はあまり描かなかったが、色鉛筆ではなくクレヨンを使わせるようになったらよく描くようになった。色を重なると色が変わるのがおもしろいようだ。「ママの顔」といって描いてくれたりするが…まだ人の顔というより宇宙人の顔だ。(笑)

お料理やお菓子作りのお手伝いも好きだ。「お手伝いしてあげるの!」といって台所に踏み台を持ってやってくる。卵を割ったり(殻まで入る!)ケーキのクリームをデコレーションしたり(なめる方が多い!!)クッキーの型抜きをしたり(生のまま食べるな!!!)たくさんお手伝いをしてくれる。

絵本は「こぐまちゃん」シリーズがブーム。主人公が同じ歳なのでやることなすことに親近感が持てるようだ。読んでいるわたしも「ああ、ななちと同じだ」とおもわずクスリとしてしまう。カルタのおかげで、ひらがなはほとんど覚えた。文字数の少ない絵本は自分で声を出して読んだりしている。「さ」と「ち」、「ぬ」と「ね」をよく間違えるが。(なんとなくわかる気がする。)

プチ反抗期がスタートしたのか、「やめなさい」と注意するといたずらっぽい顔をして更に繰り返す。無視するとこちらの反応を伺いながら更に続ける。本気で怒ると「ごめんなしゃい!」と逆切れしながら泣く。

味方(パパ、おじいちゃん、おばあちゃん)が多い時は強気になるあたりがちょっと腹立たしい。しかし、最終的には折れてくるので(味方がいてもやはりママが怒ったままなのは嫌らしい)まだかわいい。

夜中のおっぱいを卒業しなかったのが敗因か…。また昼間のおっぱいが復活!「なんだ、しわしわにならないじゃん」とわかってしまったせいなのか…。「だって、おっぱい大好きなんだもん!」「しょうがないんだもん!」と開き直り吸っている…。(T,T)…はああ。こんなにお姉ちゃんになってきたのに、パイだけはダメだ。やはり芥子を塗るしかないのか?!(→痛いからイヤだ!)