二歳五ヶ月

今年は家族全員で元気に平和に年を越す事ができた。
ななちが生まれて以来初めてかもしれない。
最初の年は、実家の愛犬が亡くなり、次の年はノロウィルス地獄…。
元気で皆一緒に過ごせる事、これだけのことがとても幸せなのだなと思った。

二歳五ヶ月のななちは自我大爆発。なんでも、「自分で!」「自分でするの!!」と一人でやりたがる。パジャマへのお着替えや靴を履く事も上手にできるようになった。スプーン&フォークもだいぶ上手になり、最近はお箸にチャレンジ中。どうも左ききっぽく、左手の方が上手に使える。

大人がやっていることは何でも「私もやりたーい!」「ななちゃんも!」とやりたがる。私がドライヤーをかけると「ななちゃんも!」ととんでくるし、私が紅茶を飲むと「私も飲みたい!」とカップをさしだす。食器を拭いていると「私も!」と手伝ってくれる。真似っこ星人だ。

言葉はどんどん育ってゆく。私が「お風呂はいろ」と声をかけると、「今、ブロックしてるからじゃましないでね、いい?わかった?」等小生意気なことをいう。明らかに私の口真似だ。はああ。「ママのウサギさんのスリッパどこ?」「この前、じっちゃんと公園いったねー」等長い文節の言葉がでるようになった。最近のブームは「ママ、なにしてるの?」見ればわかるでしょ〜!と言いたくなるくらい、暇さえあれば「ママ、なにしてるの?」と聞いてくる。

パパがつまみぐいしているのをめざとく見つけ、「パパ、何食べてるの?」と聞いたことがあった。パパがごまかして「なにも食べてないよ」と答えると「おくちボリボリいってるよ」と返って来た。思わず二人で大爆笑。ごまかせなくなったなあ。
お友達の家でクリスマスパーティをし、ケーキのデコレーションに挑戦した。ぐちゃぐちゃ覚悟でやったのだが、思ったよりまじめにやってくれて驚いた。サンタさんからのプレゼントは、トーマスのブロック。ずっと欲しがっていたので大喜び。しかしなぜトーマス…。トーマスの友達の名前も覚え識別しているあたりが末恐ろしい。女の子なのになあ。電車や汽車ポッポが好き。海老名のビナポッポにも何度乗ったことだろうか。

トイレトレーニングは無事終了。ちびる事なくトイレを教えてくれるようになった。思いのほか早くおしめは卒業できた。
…問題はおっぱいだなあ。

先日「ままのおっぱい、ながいねー」と言われてしまった。…だれのせいじゃ〜!!!といってやりたかった。