一歳九ヶ月

この一ヶ月は言葉がぐんと進んだ。二つの単語がつながるようになり、「ママ、おっぱい」「パパ、ダイジ(パパの大事なもの)」等なんとなく会話として成り立つようになってきた。昨日まで言えなかった言葉が突然言えるようになったりするので驚いてしまう。例えば今まで「ジー、ジャージャー(雨ザアザア)」と言っていたのに、次の日に突然「アメ、ジャージャー」と正しい発音になっていたり。 本人的には、最初から正しい発音をしているつもりなのだろうが。

自分の事は「ナナ」と言うようになった。
名詞だけではなく、「イヤ!」「アチ(暑い)」等自分の気持ちを表現する言葉も出てきた。

色という概念も認識しているようだ。青、赤、黄色、だいだい、紫、緑は完璧に識別している。このうち発音できるのは、「アオ」「ダーダイ」の二つ。緑は「ハッパ」という。空を指して、「アオ」と言った時はなんだか感動してしまった。

トイレトレーニング用に布パンツにパットをしていたのだが、ガサガサするため嫌がるようになった。そのため、お漏らし覚悟でパットをしくのをやめた。タイミングを見て誘い、うまくできた時は、「イエーイ」と言ってハイタッチ。

漏らした時は、「チー、アーア」と言いながらトイレにくる。漏らした時の被害は大きいが…びっしょり濡れる分、気持ち悪さがよくわかっていいのかもしれない。パンツの時は漏らしたまま遊んでいるという事はなくなった。
うんちの方はほぼ完璧にトイレでしてくれる。(私が気がつかないとでかかっていたりするが。(笑))

4月の初めに友人達と箱根旅行に行き、温泉デビューを果たした。広いお風呂もそれなりに楽しんでいたようだが、ななち的には館内の広場でチョロQ をしたり走り回ったりした事の方が楽しかったようだ。夕食時はさすがに少々ぐずったがそれ以外は比較的にごきげんでいてくれた。久しぶりのエステと温泉を満喫し私はかなりリフレッシュできた。理解ある友人と夫の協力あってのものだ。大感謝!

旅行の後は物件探し三昧。ようやくいいところが見つかり、引っ越す可能性がでてきた。2年近く探して見つからなかったのに、いざ見つかるとトントン拍子に話が進むものだ。その関係で色々と毎週のようにななちを連れ回してしまうことになったのだが、病気もせず元気に過ごしてくれた。赤ちゃんの頃に比べると、本当に楽になったなあと思う。でもやっぱり、卒乳はできない。未だに枯れる事なく、でるおっぱいもすごいと思うが。「ずいぶん大きな赤ちゃんですね〜」と言うと、「えへへ〜」と笑う。わかっちゃいるのに、やめられない。私の夜中のポテチと同じだな。